ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

タリバンに破壊された遺跡を、プロジェクションマッピングが甦らせた!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
3dbuddha

2001年、イスラム原理主義組織タリバンによって、アフガニスタンのバーミヤン渓谷にある、2つの大仏像が破壊されました。「偶像崇拝禁止のイスラム法に反する」と、およそ1,500年前の6世紀に作られた石仏が一瞬のうちに爆破。その光景はたびたびニュースで報道され、世界中に衝撃を与えました。

破壊されてから10年以上、そのままにされてきた大仏が、プロジェクションマッピングの技術によって再現された動画を、ニュースメディア「AJ+」が紹介しています。
2015年6月6日と7日の2日間、巨大なプロジェクターを用いておよそ8時間にわたり、闇夜のバーミヤン渓谷に仏陀の姿を再現投影されました。

スクリーンショット 2015-07-22 16.15.14

今回の3Dプロジェクションマッピングを手掛けたのは、中国人のドキュメンタリー映像作家、Zhang Xinyu氏とLiang Hong氏のふたり。

スクリーンショット 2015-07-22 16.15.46 スクリーンショット 2015-07-22 16.16.00

地元の人々は、この歴史的瞬間に歌や踊りで喜びを表現したと、中国中央テレビ「CCTV News Content」が伝えます。興奮の様子は、バーミヤンに暮らす男性Javadさんへのインタビューからも推測できます。

「これは我々にとって、非常に意味のある瞬間だ。タリバン政権下に破壊された我々の歴史そのものが甦ったのだから。無くなったものが戻ってくる訳ではないけれど、我々の精神が失われた訳じゃないんだ」

スクリーンショット 2015-07-22 16.16.25

砂岩を掘り出して制作された、東西(約38mと約55m)2体の大仏は、かつて世界最大級を誇り、バーミヤン渓谷を訪れる仏教徒の巡礼の地として文化的アイコンの象徴でもあったようです。制作当初は全身金箔で化粧され、金色の輝きを放っていたという説も。ちなみに2003年7月、バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群は、ユネスコの世界文化遺産として登録されています。

写真や映像資料から3D再現する技術は、今日、考古学の分野で広く応用されています。文化遺跡のかつての風貌を忠実に再現することで、スケール感や当時の様子まで知ることが可能となりました。

 Reference:CCTV News Content
Licensed material used with permission by AJ+

関連記事リンク(外部サイト)

【貴重な証言】95歳のドイツ人女性がSNSで語る、ナチス・ドイツ「動乱の記憶」
映画館で配られた「飲めない」ミネラルウォーター。その深いメッセージとは・・・
嫌われ者の「パイナップル酢豚」をアップデートする

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。