ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早くもアカデミー賞の声!ディカプリオVSトム・ハーディの復讐モノ『The Revenant』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞監督賞&脚本賞&作品賞を受賞したアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督が、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディとタッグを組んだ最新作『The Revenant』(原題)の海外版予告編が公開された。

https://youtu.be/chiPpnHC3sQ

実際に起きた話からインスピレーションを得て作られた本作は、自然光だけを用い、撮影に8ヵ月以上かけて撮られたそう。この作品に出演したため、トムは一時キャスティングされていた『スーサイド・スクワッド』を降板したといういわく付きだ。

19世紀のアメリカを舞台に、ひとりの男の半生と、人知を超えた人間の精神を描いた本作。地図にも載っていないアメリカの未開の地で、著名な冒険家ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は野生の熊に襲われ重傷を負う。想像を絶する悲しみ、親友からの裏切り…それでも必死で生き延びようとするのだが――。

既に一部を見た批評家の間では、この作品でついにディカプリオはアカデミー賞をとるのではないか囁かれているほどの素晴らしい演技だとか。ちなみにRevenantとは「亡霊」という意味。果たしてこの作品での意味は…気になるところだ。

■参照リンク
http://www.joblo.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ディカプリオが数年間、映画化を狙っていた!24人の多重人格者ビリー・ミリガンに挑戦
またもアカデミー賞を逃したディカプリオ 悲しみと同情のツイートが溢れる

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP