ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中身を割るとよさがわかる。本命彼氏に選ぶべき「ココナッツ男子」の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫


最近、なにかと話題の「ココナッツ」
美容にも健康にもいいとして「ココナッツオイル」が大人気となったのをきっかけに、さまざまなところで「ココナッツ」に関連する商品を見かけるようになりました。
さらに、その流行の波は恋愛市場にまで及んでいます。ココナッツの実と同じように、外側は無骨なのに内側はほんのり甘いという特徴を持った「ココナッツ男子」は、20代女子が本命彼氏に選ぶべき存在なんです。
そこで「真剣に付き合える恋人がほしい!」と思っている20代女子に向けて、「ココナッツ男子」の特徴と本命彼氏に選ぶべき理由をご紹介します。 

1. 正直見た目はよくない

「ココナッツ男子」の一番の特徴は、見た目があまりよくないこと。
もちろん「イケメンじゃなきゃ無理」という面食い女子もいると思います(私もそのひとりですが……)。でも、見た目がいい男性と付き合うと、いろいろ遠慮してしまったり、なにかと我慢してしまったり、結局最終的に自分が辛くなってしまうもの。
一方、茶色くモジャモジャしたココナッツの実のように、見た目があまりよくない「ココナッツ男子」なら、引け目を感じず付き合うことができるんです。
ココナッツの実だって、実際に割ってみなければおいしい中身がつまっていることには気付けなかったはず。見た目がよくないからといって恋愛対象から外すのではなく、見た目がよくないからこそ中身を割ってみたいと思うことが大切です。

2. 恋愛経験が少なく、真っ白な心を持っている

見た目はあまりよくない「ココナッツ男子」ですが、その中身を割ってみるとまだ染められていない真っ白な心を持っています。
それは、もともとの心の純粋さはもちろん、恋愛経験がほとんどないに等しく、ほかの女性によって染められたことがないからです。
恋愛経験が少ないと、女心をわかってくれなかったり、サプライズな演出やセンスのいいプレゼントといった気の利いたことをしてくれなかったりするので、なんだか物足りなく感じてしまうかもしれません。
でも、女心をよくわかっていて、気の利いた演出が得意だという男性は、これまで他の女にも同じように接してきたということ。女性がキュンとする言動がそつなくできてしまう人より、自分のために一生懸命になってくれる人の方が、真剣に付き合うのには適しているはず。
それに、真っ白な心を自分色に染めるのも、ウブなまま育てるのも自分次第なので、女性が主導権を握れることも魅力です。

3. キャラは薄いけど、優しくてスペックが高い

「ココナッツ男子」のキャラクターは、ココナッツ果汁の味と同じように、どちらかというと薄めです。おもしろい話をして周囲を笑わせたり、一目置かれるような特技があったりするわけではありません。
一見「つまらない男」と判断されてしまいそうな「ココナッツ男子」ですが、実はその性格は優しさにあふれているんです。キャラが薄く見えてしまうのは、周囲を観察して空気を読んだり、気を遣って周りの人を立てていたりするから。
ココナッツは、マンゴーやパパイヤといった派手なフルーツと並べられると存在感が薄くなってしまいますが、果汁でのどを潤せたり、実からおいしいミルクがとれたり、皮を燃料にできたりと、他のフルーツとは比べ物にならないくらい使い道が豊富。
「ココナッツ男子」も他の男性と並べて見ると、地味でつまらなく見えますが、それは彼らの優しい性格ゆえ。一対一で会ってみると、その思いやりや気遣いにキュンとしてしまうはずです。
さらに、大人数の場では自分からアピールしませんが、よくよく話を聞いてみると、頼りになる特技があったり、オシャレな趣味があったりと、意外なスペックの高さを発見できるかもしれません。

本命彼氏には「ココナッツ男子」を選ぶべき

見た目は無骨だけれど、中身はほんのり甘い「ココナッツ」男子には本命彼氏に選ぶべき魅力がたっぷり。
まずはとっつきにくい見た目で「恋愛対象外」と判断するのではなく、「もしかしたら魅力的な中身があるかも」と近づいて割ってみるのが大切。
この夏、「ココナッツ男子」を見つけられたら、今度こそ真剣な恋を始められるかもしれません。
Fresh coconut via Shutterstock
(近藤世菜)


(グリッティ)記事関連リンク
「彼氏作らないの?」と聞かれたら、モテないアピールでオトす
まだタレ目? これからは「ツリ目」で恋愛主導権を握るのよ #オネエ調べ
過去の恋愛話をアピールに使う男、勘弁して!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP