体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1粒700円はする植物工場の「朝採りいちご」を贅沢に使用した100%ピュア・スムージーが登場!

いちごカンパニーは、世界初のLEDを使った植物工場で栽培した、夏イチゴ100%ピュア・スムージーを、7月29~30日に表参道・新潟館ネスパス「ネスパス夏まつり!」で限定販売する。

「夏イチゴを使った100%ピュア・スムージー」のイチゴは、LEDを使った次世代型植物工場の中で病害虫発生をコントロールすることにも成功したため、化学農薬を使わずに栽培。そのため、洗わずにそのまま食べられる安心・安全のイチゴなのだ。

LEDを使った次世代型植物工場では、温度・湿度・CO2濃度等を自動制御システムで栽培管理しているので、自然界では不安定な天候を安定化させることによって、最高糖度20度の豊かな甘さとやさしい酸味の最高レベル栽培結果を実現している。

普段食べているイチゴとは、全く違った環境で栽培されたイチゴの味は、とても気になるところ。

「夏イチゴを使った100%ピュア・スムージー」は、その特別なイチゴの本来の甘さと香りを楽しめるよう、他のものは一切使わず、凍らせたイチゴと朝採りのイチゴを合わせたスムージーに仕上げた。

「ネスパス夏まつり!」では1杯1500円のところを、夏まつり価格で1杯1000円で提供。
1粒700~1000円はする夏イチゴをふんだんに使っているので、飲まなきゃソン!ピュア・スムージーを飲みに夏まつりにレッツゴー!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。