ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ChromeリモートデスクトップのAndroidアプリがアップデート、メモリリーク問題が修正

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Chrome ブラウザを搭載した PC にリモートデスクトップ接続できる「Chrome リモートデスクトップ」の Android 版を v44.0.2403.25 にアップデートしました。このバージョンはマイナーアップデート版になるのですが、リモートデスクトップからの切断する際に発生していたメモリリーク問題への対処が行われています。メモリリーク問題とは、不具合によって RAM をバカ食いしてしまうことで、クラッシュなどの現象が減ると思います。Chrome リモートデスクトップでは、PC に Chrome ブラウザ本体と Chrome 拡張機能を追加すれば利用できます。拡張機能の設定画面でリモートデスクトップ接続の設定(PIN の設定など)を行うと、Android アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットからインターネット経由で画面を表示・操作できます。「Chrome リモートデスクトップ」(Google Play ストア)


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「dTV」アプリをv5.4にアップデート、音楽ライブ配信機能が追加
OnePlus 2が中国で認証を取得、発表目前にして全体像が明らかに
Xiaomi、Mi 4i 32GBモデルを発表、7月28日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP