ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CM起用増の“実力派俳優” わずかな表情で存在感リアルに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一般的にTV CMでは、若い美男美女がキャスティングされるケースが多いが、最近はドラマで脇を固める松重豊や大森南朋・宇梶剛士・吉田剛太郎など、“大人の実力派俳優”がメインに起用されるケースも増えている。さまざまなキャラクターを演じ分ける彼らは、ひとつの役のヒットでイメージが固定されることは少なく、また演技力の面でも15秒や30秒といった短時間で、世界観を確実に表現する能力が高い――という、起用する側のメリットがあるだろう。

 そんなトレンドともいえる“大人の実力派俳優”がメインキャストの新CM、「がんばれ、タケシ49歳シリーズ」が7月15日からOA開始された。同シリーズは森下仁丹が販売する、機能性表示食品に対応したサプリブランド「ヘルスエイド」のCMで、主人公・タケシを演じるのは、田中哲司。冷酷で計算高い悪役から、気弱で不器用・善良な人物、時としてエキセントリックなキャラクターなど、ドラマや映画・舞台で活躍する実力派。

 プライベートでは昨年9月に、人気女優の仲間由紀恵と入籍。それぞれがインタビューなどで、結婚生活を楽しげに語っていることでも充実ぶりがうかがえる。とりわけ田中は、趣味のガーデニングからプランター菜園を楽しみ、そこで収穫した野菜を食卓に取り入れているといった話題もあり、こうした夫婦の健康を気遣うエピソードも、サプリメントのCMにしっくりくるキャスティングだ。

 同シリーズの「すっきりしてキャッチボール」篇では、玄関前で退屈そうな様子の息子・ハルトを待たせ、トイレにこもっているタケシ。妻に「一緒に遊んでくれるのも、今の内だけよ」と声をかけられ、切なげな表情を浮かべる。その後、“すっきりして”キャッチボールを楽しむシーンでは、大きく振りかぶっても捕りやすい球を息子に投げるフォームや、キャッチし損ねた時の自然なリアクションに引き込まれる。

「体脂肪が気になる同窓会」篇では、美人同窓生との帰り道に楽しそうにしゃべっていると、「タケシくんは昔と全然変わってないね」と言われた後に見せる、なんともいえない顔と仕草。そして夜の街並みを背景に「やっべ! 終電!」と叫んで、女性を置き去りに走り去る姿と表情には、“完全に青春が、よみがえっちゃってる頭の中”が見えるようだ。

 短いCMだが、ふとした表情の多くに深みを感じ「かなりしっかりした、“タケシ 49歳”の設定があるはず」と、関係者に依頼して資料を取り寄せた。そこからタケシの一つひとつの表情に、共感が高まる背景が垣間見えたプロフィールの一部を紹介したい。

 * * *
森下健司(モリシタタケシ)49歳
建設会社営業三課 課長

会社では人望厚く、「たよれる兄貴分」で通っているが、後輩のトラブルも背負いこむことが多いためか、出世街道からは少しはずれて課長は8年目。

学生時代の野球部ではレギュラーではなかったけど、みんなの盛り上げ役だった。3つ上の先輩たちは甲子園におしいところまでいったので、マネジャーも多く入部し、期待された代だったが、結果地区大会初戦敗退だった。

結婚3年目にできた長女(ミユキ)は中学3年。部活やアイドルに夢中で、最近は長男のハルトぐらいしか相手にしてくれないのが、ちょっとさみしい。
 * * *

 キャッチボールや夜の街を駆け抜けていた時のフォームには、“レギュラーではなかったけど、みんなの盛り上げ役だった”部活の経験があったのだなぁ――と、若き日のタケシの姿を想像。トイレにこもっている時の表情に、“今は相手をしてくれない、長女・ミユキへのさみしい気持ち。ハルトもいつか、そうなってしまうのだろうか?”といった不安な感情――など、わずか秒数のシーンだけなのに、タケシという人物がリアルな存在感を持ってくる。

 こうした興味を掻き立て、自分自身や身近な人と“どこか似ている”と思わせることができるのは、やはり“大人の実力派俳優”の演技力があってこそだ。

 また、近年のCMトレンドの傾向をもうひとつ挙げておくと、メインキャラクターを固定した長期シリーズ――ソフトバンク「白戸家」の8年、サントリー缶コーヒー『BOSS』の「宇宙人ジョーンズ」の9年といった怪物クラス。同じく“大人の実力派俳優”の松重豊が出演する、味の素「Cook Do きょうの大皿」は2年ほどだが、かなりのバリエーションがOAされている。

 同CMシリーズの場合も、紹介したプロフィールの行間から、タケシの物語が続いた時に出てきそうなシーンが思い浮かぶ。今後については不明だが、プライベートで幸せな田中が、CMの中のタケシとしても、健康で幸せに暮らす姿を見せてくれるのか? ドラマの続きを楽しむ気分で、期待したい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
各所で「いい人」扱いされ絶賛の博多華丸・大吉その説に困惑
ボブ・サップのCM起用急増 「あの人は今、CM」の優れた点
パーマンがCMで実写化 半沢・息子役がポイントで5倍返し

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP