ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マッドマックス「敵の組織はブラック企業そのもの」と専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ネットで『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が大人気だ。破天荒なSF物語であるが、千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏は「雇用・労働問題告発映画だ!」と指摘する。

 * * *
 観てきましたよ、話題の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。ソーシャルメディアで絶賛の声をよく見かけたので、気になっていたのです。

 結論から言うならば、この夏、必見の映画の一つです。もう救いようのないくらいトコトン荒廃した世界、ド迫力のアクションはもちろん見どころです。

 私はここで描かれているのは、現代の日本の労働社会の問題ではないのかと思った次第です。敵の組織はブラック企業そのものだし、主人公のチームも、ダイバーシティー推進の本質を物語っているように思います。労働社会学視点で、この作品を読み解くことにします。

 まず、簡単に作品についてご紹介しましょう。1979年から始まった『マッドマックス』シリーズの、実に27年ぶりの最新作です。核戦争後の地球、石油も水も尽きかける中、そこには生存したもの同士が物質・資源を暴力で奪い合う世界が出現していました。

 トム・ハーディ演じる元警官のマックスは暴徒の襲撃を受け、身柄を拘束され、シタデルという砦に連行されます。そこには、ボスのイモータン・ジョーを頂点とした狂信的な集団が、地下水と農作物を牛耳り、恐怖と暴力で支配する社会が築かれていました。

 ジョーの部隊を統率する女性のフュリオサ大隊長は彼らが出産目的に監禁していた5人の妻たち(ワイブス)を連れて、「緑の地」への逃亡計画を実行。それを知ったジョーたちは追撃を開始。マッドは上手く逃げフュリオサと合流。元々ジョーの手下だったニュークスも仲間に加わります。果たしてこの逃走劇は成功するのでしょうか・・・? ストーリーはこんな感じです。

 ややネタバレですが、冒頭の主人公マックスが突然トカゲを足で潰して食べるシーンからやられます。もう、息つく暇は微塵もない、ずっと興奮と緊張が続く映画でした。ひたすら改造車が爆走し、とことんカーチェイス。これまた極限まで悪趣味なルックスの敵たちが銃撃、肉弾戦などのバイオレンスを繰り返すわけです。いちいち、リアルです。本当、リアル『北斗の拳』か『ジョジョの奇妙な冒険』といった感じです。

 まあ、もともとこのシリーズは80年代の日本の漫画、アニメにかなり影響を与えていますよね。映画のトレーラー(予告編)にも登場した、ギターから炎を出す兵士はヘヴィメタルファンからするとたまらない描写でした。夫婦で来たことを、激しく後悔しました。「なんでこんなものを見せられないといけないのか」と帰りのクルマで説教されました。

 本題はここからです。冒頭で触れたように、この映画は実は日本の労働問題を描いた映画のように見えてしまったのです。

 まず、イモータン・ジョー率いる敵の軍団について。これは、まさにブラック企業です。骸骨を模したマスクをかぶり、自分を神格化させ、味方たちに死んだら生まれ変わるという思想を植え付けるという、カリスマ性、洗脳はブラック企業の経営者がやりそうなことです。過酷な環境においては、独裁者が生まれやすいわけです。人間は洗脳され、目的を与えられ、資源を握られると、ここまで思考停止し、暴走してしまうのかと思った次第です。

 イモータン・ジョーの命令でフュリオサたちを追いかける狂信的な暴徒たちの群れは、厳しい営業目標を課せられる営業会社のモーレツ営業マンを思わせます。さらに、火炎を放射するギター兵、彼を乗せたクルマのドラムを打ち鳴らす人たち、それによる熱狂は、営業会社がよくやる表彰式やパーティーを思わせます。人間は熱狂すると、道に外れたこともやってしまうのかと切なくなった次第です。

 一方の、フュリオサやマックスたちの逃走するチームですが、これはまさにダイバーシティーが推進された組織です。女性のフェリオサは片手が義手、妊婦もいるワイブス、元々は敵であり主義主張も違うニュークス、ややネタバレですが途中で合流する老いた女性たち。実に多様性のあるチームです。特に女性が活躍していることが話題になっていますね。

 ただ、このチーム、見ていて複雑な心境になってきますし、ダイバーシティーの本質を物語っているように思うのです。

 世間はダイバーシティー推進の大合唱なわけですが、中には、いかにも福祉的な意味で、あるいは株主や消費者から良く思ってもらうために、見せかけの取り組みを行っている例も見られます。誰も活用しないような制度などを立ち上げるなどの取り組みがそうです。

 個人的にはダイバーシティー推進というのは、それを極度に目的化してはいけないと思います。さらには労働者だけでなく、経営側にとっても、社会にとってもメリットのあることでなくてはなりません。真に定着するダイバーシティー推進とは、「せざるを得ない取り組み」「誰もが得する取り組み」です。

 この『マッドマックス 怒りのデス・ロード』でのフュリオサたちの逃亡チームは、「やむを得ず」ダイバーシティーを推進した事例でしょう。それ故の強さも感じた次第です。一方、ここまで仕事をしないといけないのかとも感じ、切なくなりました。

 イモータン・ジョーの軍団とも共通点があると言えばあります。それは「ビジョン」を明確にすることです。「緑の土地」というものが「ある」、そこを「目指す」というビジョンが、メンバーを本気にさせたのでしょう。ただ、そのビジョンのために、人はここまで働いてしまうのかと考えるとやはり複雑な心境になります。さらには、ボスを倒したところで、厳しい世界であることはまったく変わらないのですが。

 小難しく書きましたが、悪趣味な部分を含め、また社会について考えてしまう点など含めて興味深い作品なので、ぜひご覧ください。カップルでは見ないでくださいね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
40周年迎えるハローキティ 1728万円純金限定バージョン登場
「ジョブズは強みを徹底的に尖らせ成功」と元アップル社員
プロ野球改革案 CSの欠陥を改善する「3ディビジョン制度」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP