ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに見参!武田信玄をテーマにした戦国レストラン「甲斐宝刀信玄館」が堂々オープンだ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

山梨県富士吉田市の人気遊園地「富士急ハイランド」内に7月10日、戦国時代をテーマにしたレストラン「甲斐宝刀信玄館」がオープンしました。

レストランのコンセプトは甲斐の国の名将「武田信玄」。信玄モチーフの店内装飾やオリジナルメニューなどで統一され、戦国ファンには見逃せない要素が満載となっています。

mainまずは外観からしてスゴイ!なにしろ戦国最強の騎馬軍団をイメージした「武田の赤備え」と武田家家紋「四つ割菱」のほか「武田二十四将」の家紋など豪華に彩られている上に、館内には「風林火山」、「合戦場」、「川中島」、「武田二十四将」といったモチーフが余すところなく散りばめられています。たとえば「風林火山」をテーマにしたゾーンは赤で統一され、甲冑や櫓が置かれていたり、また「合戦場」の雰囲気を再現したゾーンでは陣幕も張られ、壁には実際の戦当時の合戦図が描かれていたりするほどの本気度で、戦国好きの心をとらえて離しません。

sub1さて、肝心のメニューですが、信玄の陣中食として知られる甲斐の国の郷土食材「ほうとう」を使用したものがメインです。オリジナルメニューの「伝説の武田埋蔵金ほうとう(1800円)」には、金箔のトッピングが付いています。

sub2セットの「ほうとう定食(1400円)」もオススメです。ちなみに店内の合戦図というのは他ならぬこの「ほうとうを巡る戦い」のこと。さらに富士山の伏流水を使って作られた「忍野の豆腐」や甲州名物「鶏もつ煮」などのご当地グルメも並びます。

sub3このレストランの開店にあたっては山梨のアピールの他にも、急増する外国人客に和食を存分に味わってもらおうという意図もあるそうで、メニューも味にも一切妥協は無しとのことです。

本格的な戦国の雰囲気をそのままレストランに盛り込んだ「甲斐宝刀信玄館」。富士急ハイランドのエンタメ性はアトラクションだけじゃないという事を証明したかのような、素晴らしい空間です。

富士急ハイランド公式サイト

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

武具・甲冑が勢ぞろい!カプコンと民俗博物館のコラボで「戦国図鑑 Cool Basara Style」開催
あの「大関ヶ原展」になんとミュージシャンのレキシがテーマ曲を提供
集え武将ファン!日本刀や甲冑が最大級規模『大関ヶ原展』が見逃せない!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。