ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全米トップ批評家の満足度98%!NYの悪を裁く、マーベル発ダークヒーロー『デアデビル』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『アベンジャーズ』『スパイダーマン』『X-MEN』など、超人気キャラクターたちを生み出したマーベルが新たに放つヒーロー”デアデビル”。この秋、NetflixオリジナルのTVシリーズ『デアデビル』で配信が開始される。

本作は、Netflixだからこそ描くことができた、観る者の胸に突き刺さるエモーショナルなドラマと本格アクション。アメリカで放送されるやすぐに話題を呼び、全米批評家サイト「Rotten Tomatoes」のトップ批評家による評価98%を記録するという驚異の満足度を獲得。ドラマの枠を越えた傑作として、世界中で人気を博している。

https://youtu.be/bj_3RW2Sd6Q

舞台は、無数の欲望渦巻くニューヨークのスラム街ヘルズ・キッチン。幼い頃に不慮の事故で視覚を失った代わりに、超人的感覚を手に入れたマット・マードック(チャーリー・コックス)は、昼は盲目の弁護士として働き、夜は極限まで鍛えあげた身体能力を武器に、クライムハンター”デアデビル”として法では裁ききれない悪へと立ち向かう。常に「正義の行いとは何か」という葛藤を抱き、孤独な戦いを続けながらも成長を遂げ、巨大な敵の正体へと迫っていく物語だ。

ちなみに、ついに日本上陸を果たすNetflixは、独自に製作したオリジナル映画、ドラマ作品、そしてハリウッド大作、邦画をはじめ、世界中のハイクオリティな映画、テレビドラマ、ドキュメンタリー、コメディーを低料金の月額定額制で提供するサービス。会員数50ヵ国以上、6,500万人(2015年7月現在)を超え、2016年末までに世界中でどこでも利用可能となるそうで、その勢いは増すばかりだ。日本におけるサービス開始に向けて、Netflixが独自に製作した『デアデビル』を含む多くのオリジナルシリーズの配信と、邦画や日本のテレビドラマの拡充を今後予定しているという。

(C) Netflix. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

歴史を作ったネット発サスペンスドラマ『ハウス・オブ・カード』、日本でも放送開始!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP