体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空き巣がこわい夏休み…セコムに聞く、狙われないコツ・対策

生活・趣味
空き巣がこわい夏休み…セコムに聞く、狙われないコツ・対策

今年も夏休みがスタート! 帰省や旅行で2~3日もしくは長期間、家を空ける人も多いだろうが、そのタイミングを狙った空き巣も増えるという。どんな家が狙われやすいのだろう? 出かける前にしておける空き巣対策はないものだろうか?

そこで、最近の空き巣の傾向と対策について、セコム コーポレート広報部の安田さんに伺った。――空き巣に狙われやすい時間帯はいつなのでしょうか?

長期の不在だと深夜が多いですね。人通りが少なく閑散とした昼間の住宅街も狙われがちで、ゴミ出しや近所の人との立ち話、おつかいなどで短時間の外出をする方が多い午前9~10時、午後3~4時にも被害が多いです

――昼間も多いとは意外。では、空き巣はどんな場所から入ることが多いのでしょうか?

空き巣の4割以上が、鍵を閉めていない玄関や窓、2階の窓、お風呂やキッチンの小窓など、まさかと思うようなところから侵入しています。留守にする場合は、短時間であっても、玄関や窓の施錠を忘れないでください

――例えばマンションだと、どこから侵入されてしまうのでしょう?

マンションの場合、意外と玄関から入ってくることが多いのです。オートロックでも住人の後ろから入ってしまえるので、公道と同じ感覚でいたほうがよいでしょう。とくに高層階ほど、玄関が侵入口となりやすいので家にいるときも必ず施錠し、ドアガード(チェーン)をかけましょう。空き巣とはちあわせするのがいちばん怖いですよ

――はちあわせはたしかに怖いですね。そのまま逃げてくれればまだしも、居直り強盗にでもなったら身の危険が……。では一戸建ての場合は?

高い塀や家の裏側など、家の周囲の道路から見えない1階部分の窓が要注意ですね

――では長期間、自宅を空ける際、空き巣に入られないためにどんな対策をすれば良いのでしょう?

公園などで半日~1日、周囲の家のようすを下見して物色している空き巣もいるので、留守に見せないことが最大のポイントです。まず、家を数日空ける場合は新聞や郵便を止め、ポストにためないようにします。厚いカーテンや窓が閉まったままなのもよくありません。出かける前にレースのカーテンなどにしておき、家に人がいるように見せかけましょう。あとは、窓ガラスに防犯フィルムを貼って外から割りにくくしたり、補助錠をつけるのも効果的です

とにかく「隣近所の家よりスキがないと印象づけることが大切」とのこと。最近の空き巣は営業員のような服装で、住宅街をうろついていることもあるそう。油断せず、留守に見せないような対策をしてから出かけたいですね。●取材協力
セコム株式会社
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/07/21/93453/

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会