ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

すごい!ずるい!くやしい!阿羅漢の心に訴えかけた海外プロモーション事例

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、ディレクターの阿羅漢です。
最近、暑いですね。もうすぐ夏だというのに、キラキラした予定が立つ予兆すらありません。どうすればよいのでしょうか。

さて話は変わりますが、僕は「企画」の仕事もしていることから、国内外問わず世の中で話題になっているプロモーション事例を見ることが好きです。

気になった事例に関しては、世の中でどのような反応があったのか、何を伝えたかったのか、どんなプロセスで考えたのかを想像し、「すごいなー、ずるいなー、くやしいなー、あたまよいなー」などと仕事の合間にこっそり悶々としております。

今回は、その中でもとくに自分の好きな海外の事例をまとめてみようと思います。(英語能力が皆無なので、他のサイトを参考に得た知識でございます……)

“心に訴えかける”海外のプロモーション事例

Robert Downey Jr. Delivers a Real Bionic Arm

マイクロソフトの「The Collective Project」が、非営利団体「Limbitless Solutions」に協力して行われたプロモーション。
「Limbitless Solutions」は世界中の子どもたちに義肢を届けているNPO団体で、3Dプリンタによって製造コストを抑えています。

今回、生まれつき右腕のない7歳の男の子に贈る義手を「アイアンマン」のボディスーツと同じデザインに! さらに、その義手を届けるのが、ロバート・ダウニーJr.本人という演出。

この義手をみることでいつもポジティブな感情になれる。ターゲットとなる男の子を、どれだけ喜ばせられるかを全力で考えてる感じが本当に素敵ですね。
 
参照:アイアンマンが7歳の少年におそろいデザインの義手を届ける――感激の場面写した動画が話題に – ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1503/14/news023.html

Ogilvy Beijing’s Coke Second Life Caps

地球環境を考えるプロジェクトの一環として、コカ・コーラが実施したペットボトルの再利用キャンペーン。16種類の特別なボトルキャップを開発して、無償配布したそうです。
飲み終わったコカ・コーラのボトルキャップを交換するだけで、水鉄砲やダンベル、マーカーなど、大人から子どもまでが活用できる道具に大変身! ゴミ問題を解決しつつ、人々の生活に寄り添った1石2丁の画期的なアイデアですよね。
ていうかこれ欲しい!! 日本でやってよ!!
 
参照:コカ・コーラのボトルが鉛筆削りや水鉄砲に変身するボトルキャップセット – タイムアウト東京ブログ
http://blogs.timeout.jp/ja/blog/2014/06/05/コカ・コーラのボトルが鉛筆削りや水鉄砲に変身/

McDonald’s BagTray

ハンガリーで開発されたマクドナルドのパッケージ。
テイクアウト用の袋の下にキリトリ線があって、この線に沿って袋の上下を切り離すと残ったパッケージの下部がトレイになる!

車内や公園での食事に便利ですね! テイクアウトしたその先のシーンまでを想像したプロモーションアイデア。使ってみたくなります!
 
参照:袋がそのままトレイに早変わり!! ハンガリーのマクドナルドが画期的なテイクアウト用パッケージを開発! – Pouch[ポーチ]
http://youpouch.com/2015/05/13/266666/

Yovis Viaggio

個人的に好きなテンションのドッキリ企画。
お腹の調子が悪くてトイレに閉じ込もることを、“いつまでもトイレから出られない!”ということに置き換えた整腸剤のプロモーション。

空港のトイレに入ったお客さんが個室から出てくると、さっき入ってきたはずの入り口がなくなっている・・・という事態に。お客さんがトイレに入った瞬間に、扉や洗面台を急いで設置。バカバカしくも本気で、強く印象に残る体験型プロモーションです。

自分がやられたら、まぁ怒りますけどね(笑)
 
参照:トイレを出ても出てもトイレ…整腸剤のプロモーションが超上手い! – エンタメウス
http://entermeus.com/59353/

Child’s Own Studio


 
プロモーションとは少し違うのですが、子どもの創造力を具現化してくれるカナダのサービス「childsown」をご紹介します。
子どもの描いた自由奔放な絵から、色味や空気感をそのままに“ぬいぐるみ”という形で具現化してくれます。
依頼方法は、イラストのデータを送付。サイズは30-35cmくらいだそうです。

子どもの頃に自分が描いたぬいぐるみは、一生の宝物になりそうですね。

まとめ

表現にしてもストーリーにしても、人の“こころ”に訴えかけるような事例は、1つの映画を見たようにお腹がいっぱいになりますね。

・・・こんな仕事したいよ!

>>お仕事お待ちしております!!(笑)<<

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP