ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプリを使わず動作の重いMacbookを軽くする6つの方法(OX X Yosemite版)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、ライターのヘルメです。

突然ですがみなさま、仕事中に使用しているMacbookの動作が重いとどのような気持ちになりますか?
ぼくは「なんぞこれ・・・」というなんとももざもざした気持ちになります。この気持ちがよくわからない方はぜひ「GANTZ」23巻を読んでみてください。

「重さ」と「もざもざ」は、仕事のパフォーマンスに影響をします。仕事がどんどん遅れていきます。もざもざ度もどんどん上がっていきます。

対応するために「メンテナンスアプリをダウンロードする」という手もありますが、そもそもダウンロードに時間がかかったり、海外版で使い方がわからなかったり、そもそもアプリケーションによって重くなってしまったり、なんてこともあります。

そこで、今回は、アプリケーションを使わずに重くなったMacbookを軽くするための6つの方法を【初級編】【上級編】に分けてご紹介したいと思います。

【初級編】

1. デスクトップのお掃除

動作の重さは、デスクトップにある不使用ファイルの有象無象や未整理が問題かもしれません。これは意外と見逃しがちですし、気付いていても中途半端にやりがちです。あらためて徹底的に整理してみてはいかがでしょうか。
また、要らないファイルだけでなく重複ファイルもあると思うので、Finderで一覧を見ながら掃除することをおすすめします。

2. ゴミ箱を空に

デスクトップのお掃除を終えたとしても、ゴミ箱は空でなければ意味がありません。一時ファイルがずっと保存されたままとなり、結果的にディスク容量を圧迫しつづけ、動作を遅める原因となります。しっかりと空にしましょう。
個人的には、空にするときの「ゴシャラゴシャラゴシャ」という音がとても好きです。

3. 電源の入れ直し

これも見落としやすいところですが、基本的なメンテナンス方法の1つです。
Macユーザの中には、ディスプレイを閉じればいつでもスリープモードとなり、開けばいつでもすぐに使い始めることのできるMacの機動性に惚れ込んでいる方も多いと思います。
それゆえ、パソコン自体がシャットダウンされることはないのではないでしょうか? 再起動したり電源を落としたり、という電源を付け直す機会をしっかりつくってみてください。

Apple技術者曰く、1週間に1回は再起動した方が良いそうですよ。

 

【上級編】

ここまで紹介した3つはごく基本的な対処方法で「そんなのやってるよ!」という方がほとんどだったかもしれません。
では、次の【上級編】の3つはご存知でしょうか? 「初級編を試しても、重さが取れないよ!」という方はぜひ参考にしてみてください!

1. 非対応アプリケーションの削除

OSをYosemiteにアップグレードして、お気に入りのアプリケーションが動作しなくなってしまった方、お悔やみ申し上げます。
しかし、アプリケーションは動かなければ重さの原因でしかありません。また、長年同じPCを使っている方ほど過去にダウンロードしたけど使わなくなったアプリケーションが溜まりがち。ちゃんと確認して削除しましょう!
また、アプリケーションデータは「ゴミ箱」や「ダウンロード」にもあったりします。見落とさず、そちらもしっかり削除しましょう!

2. Let’s セーフブート

メンテナンスアプリケーションを使えば、溜まったキャッシュを削除することができます。
しかし、実はアプリケーションを利用せずとも綺麗にする機能「セーフブート」が元々備わっていることをご存知ですか? メンテナンスアプリケーション自体も少しながらも重さの要因ですからね。
やり方は簡単。「shift」を押しながら電源を起動するだけ。画面にAppleのロゴが表示されるまでは「shift」を押しっぱなしにしてください。
初級編の「電源を入れ直す」とのコンビネーションで使える方法ですし、お手軽かつ効果的なメンテナンス方法だと思います。

3. アクセス権の検証&修復

意外と知られていない!というか、僕も調べるまで知らなかったのがこの方法。
Macのアプリケーションフォルダ内のユーティリティフォルダ内には「ディスクユーティリティ」というアプリケーションがあり、これを起動すると「ディスクのアクセス権」というものの修復と検証ができるようになります。

これがなぜ有効なのか。
実は、アクセス権というのは日常的にパソコンを使用していても破損が発生してしまうものでして、「正常に動かない」などの予期せぬトラブルが起こす原因の1つとなっています。
システムの安定を保つなら、月に1度は「検証&修復」のメンテナンスを入れるといいかと思います。

さいごに

みなさまのMacbookは軽くなりましたか?
「重さ」と「もざもざ」から解き放たれ、業務をする上で以前の俊敏性を取り戻していただいていれば幸いです。

ただ、「よし軽くなったぜー!」と調子に乗って以前と同じ使い方をしていては、遅かれ早かれ、再びそのときがやってきます。
重さに対応すること自体が時間のロスですし、急ぎの仕事をしているときにパソコンが固まったりアプリが急に落ちたりすれば、大変なことになりかねません。

時間にシビアに仕事をする毎日だからこそ、これからは余裕を持った定期的なメンテナンスをしていただければと思います。
それでは!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP