ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国軍最高幹部 軍トップの幹部登用に絡む汚職を実名で告発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国人民解放軍の最高幹部の1人で、習近平国家主席と極めて近いといわれる劉源・総後勤部政治委員が中国共産党機関誌「求是」最新号で、「腐敗は党や軍の最高幹部にまで及んでおり、国家に甚大な損害を与えている」などとの内部告発を行った。求是は党内でも最も権威のある理論誌だけに、ネット上では「腐敗幹部をどんどん取り締まれ」などとの書き込みが見られるなど、中国内でも大きな波紋を呼んでいる。

 劉氏は「習近平総書記の党を全面的に治める戦略思想を深く学ぼう」とする論文を発表。そのなかで、腐敗幹部の典型的な例として、すでに逮捕され、今年3月に末期がんで死亡した徐才厚・元中央軍事委員会副主席を名指しで批判し、「徐才厚は軍隊の人事に危害を与えた。まったく能力ないことが明らかな軍人を幹部の座につけ、民衆から信頼されている能力がある幹部を登用せず、党と軍隊に破壊的な損害を与えた」と徐氏の行為を厳しく論断した。

 米国に拠点を置く中国情報専門の華字ニュースサイト「博訊(ボシュン)」によると、徐氏と同時期に、軍制服組ナンバー1の軍事委員会副主席を務めた郭伯雄氏と徐氏の2人は軍最高幹部の地位を利用して、幹部登用で賄賂を受け取っていた。郭氏は現在、当局により腐敗問題で取り調べを受けており、容疑が発表されるのは時間の問題と伝えられている。

 2人が幹部の地位につけた値段は少将級ならば500万元(約1億円)から1000万元(約2億円)、中将級は1000万元から3000万元(約6億円)という莫大な額だ。

 このような額は普通の軍人ならば到底払うことができないのは当然だ。これを払うことができるのは、よほど危ない橋を渡り、業者から多額の賄賂をせしめている悪徳軍人ということになる。

 劉源氏は論文の中で、「軍や党にもかかわらず、ここ数年、地方では分散主義や個人主義、派閥主義が横行し、幹部による家長制や独断専行がはびこり、政治の基準が曖昧模糊としている」などと痛烈に批判している。

 ネット上では「至極もっともな発言だが、習近平に近いから、そのような発言ができるのだ。暗殺されないように気をつけて」などと忠告する書き込みもみられている。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
腐敗摘発の徐才厚・元中央軍事委副主席 末期がんで危篤状態
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本
中国政府 引退した高級幹部5600人余に年給4700億円を支払う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP