ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知られざるトレッキングの名所?京都・伏見稲荷を探索してみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


全国各地に3万以上あるという五穀豊穣と商売繁盛などの神様として知られる「お稲荷さん」の総本山は、京都・伏見にある伏見稲荷大社です。この伏見稲荷大社は、なんとその歴史が1300年以上という歴史ある神社です。

実はその敷地は非常に広大。稲荷山という山全体に、本殿をはじめ数々の社や神蹟が散らばり、その間を朱塗りの鳥居の立ち並らぶ参道が結ぶ巨大な神域です。山全体に広がる複雑な参道を歩いて回ると全長4キロほどあるそうです。

千本鳥居と言われる赤い鳥居は、実は山全体では1万以上あるそう。その壮観な景色は海外のメディアでも多く取り上げられ、近年では外国人に人気の日本の観光スポット1位となっているのだとか。

本殿を通り過ぎ、千本鳥居の参道に入ると、確かに周りは外国人観光客で一杯。また、山道が続くので、山登りの装備をしている人も多くいます。

10分ほど鳥居の参道を登って行くと、そこは完全に山の中。参拝客もだいぶ少なくなります。山登りに疲れたら、峠の茶屋で一休み。

山頂近くからは京都の街並が見下ろせます。

参道を回ると1時間以上かかる本格的なトレッキングルート。森林浴をしながら、神聖な神社を参拝して回れるオススメのパワースポットです。

パワースポットを巡りおわったら、そう、そこには、あなただけのパワーを司る「運」が宿っているに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP