ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイでは屋台の寿司屋が大人気 / 猛暑でも常温保存OK?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タイでは日本料理が大人気。タイにおいて和食は定番のご馳走になっており、どのデパートに行っても和食のレストランがテナントとして入っています。

・あらゆる和食が人気
ラーメン、天ぷら、カレーライス、ラーメン、焼肉、あらゆる和食が人気を博していますが、その文化はタイの屋台にも大きな影響を与えています。なんと、寿司の屋台があるのです。

・寿司はタイで大人気
寿司の屋台は10年ほど前にバンコクから広がり、現在はタイ全土で見かける定番の屋台になっています。パッタイ、ソムタム、カオソーイ、カオマンガイなどの屋台と並んで、寿司の屋台があるのです。

・標準サイズの半分の大きさ
基本的に屋台の寿司は常温で売られていて、日本の標準サイズの半分ほどの大きさ。サーモン、サバ、タコ、カニカマ、魚卵、玉子などがメインで、マグロはあまり見かけません。

・基本的に持ち帰って食べる
客は店員に食べたい寿司を伝え、パックに入れてもらいます。基本的に持ち帰って食べるので、その場で食べるタイ人は極めて少ないです。常温でも大丈夫なように「仕込み」がされているとのこと。

・タイでは「定番の風景」
日本人の感覚からすると、常温で寿司を保存し、さらに屋台で販売する行為に衝撃を受けるかもしれませんが、タイでは「定番の風景」であり、屋台の寿司屋を見ると「タイにきたんだなあ」と実感する日本人旅行者もいるそうですよ。

ちなみに、タイの屋台の寿司は酢飯が使われていないケースがあります。みりんのように甘い味付けの場合もあるのでご注意を。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/07/21/thai-sushi/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP