ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ニンジャ・アベンジャーズ』ケイン・コスギ、今最も気になるアクション俳優はアノ人!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハリウッド製ニンジャ活劇『ニンジャ・アベンジャーズ』で、生のアクションの数々と40代で最高の仕上がりになったというPerfect Bodyを披露したケイン・コスギが、近年ドニー・イェンの存在を意識していることや、俳優をしていなければ『バックドラフト』(91)に出てくるような消防士の仕事をしていたかもしれないというパーソナルについて語った。

劇中で激しいアクションを繰り出すケイン。現在最高のアクションスターと言っても過言ではないが、”同業者”へ目を向けて研究することもあるとか。「ライバルというとおこがましいですが、中国、香港で言うと、この5年くらい注目しているのはドニー・イェンさんです。『ザ・レイド』(12)のアクションも面白かった。今までにない映像感覚で、衝撃的でした。いろいろな映画を観て、研究しています。それと、やっぱりこの映画のスコット・アドキンスさんです。年齢は同じくらいですが、あそこまで動ける人はなかなかいないと思います」。スコットは同作のアメリカ人主人公で、劇中に両者のバトルシーンもある。

撮影に向けて、食事制限も実践した。「『ニンジャ・アベンジャーズ』は、いままでの人生で一番体を絞ったので、大変でした」と回想する。「役柄によりますが、ここまで厳しく制限したことはなかったですかね。食事制限は、まず1日5食に変えて、量は少なめで回数を増やす。カロリーは1日2,000もいかないくらいで、炭水化物を抜いて、鶏肉、牛肉、野菜。卵の白身、ブロッコリーなどをメインに採る。味がないので、3週間きつかったです(笑)。もともとジャンクフードが好みなので、好きなものを食べられないことは辛かったです」。その努力の結果、40代にして最高の状態で肉体改造を成し遂げた。作品内で確認を!

ハリウッドの往年のアクションスター、ショー・コスギを父に持ち、自身もアクションの道へまっしぐら。まさしく、アクションスターが天職だ。しかし、俳優業の道に進まなければ、意外な職業に就いていた可能性もあったという。「『バックドラフト』(91)を観た後、一度だけ消防士もいいなあと思ったことがあります(笑)。人を助ける仕事はカッコいい。この映画は音楽もいいですね。俳優じゃなかったら消防士をしていたかもしれません」。

『ニンジャ・アベンジャーズ』発売中 ※レンタル同時リリース
【ブルーレイ】4,700(本体)+税 【DVD】3,800(本体)+税
発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C) 2012 N2 Productions, Inc. All Rights Reserved.

https://youtu.be/35byYnD4UFs

■参照リンク
『ニンジャ・アベンジャーズ』公式サイト
http://redband.jp/ninjaavengers/

関連記事リンク(外部サイト)

日本よ、これがニンジャ映画だ!『ニンジャ・アベンジャーズ』のアクションがスゴすぎる

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP