ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Album Review:ネイト・ルイス『グランド・ロマンティック』 FUJI ROCKにも出演するファン.フロントマンがソロ初作で描く傷ついた愛の物語

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 USエモ/ポップ・バンドのファン.は、ジャネル・モネイを迎えた2012年のシングル曲「We Are Young」でグラミー賞のソング・オブ・ザ・イヤーを獲得するほど目覚ましい活躍を見せたけれども、現在バンドは活動を休止し、メンバー3人がそれぞれの活動に取り組んでいる。個々が優れたソングライターであり、ジャック・アントノフはテイラー・スウィフトらに楽曲を提供しつつ自身のバンド=ブリーチャーズを結成。アンドリュー・ドストは目下、映画音楽を手掛けているのだそうだ。そしてリード・ヴォーカリストのネイト・ルイスによる初のソロ・アルバム『Grand Romantic』が、この6月にリリースされた。The Billboard 200では初登場7位と、快調な滑り出しだ。

 ピンクの「Just Give Me A Reason」(US1位)やエミネムの「Headlights」といった楽曲に参加してソロ・アーティストの道に踏み出したネイト・ルイスは、まずアルバムの先行シングル「Nothing Without Love」によって、その壮大なエモーションの世界を示してみせた。アルバムはその先行曲が持つエネルギーを押し広げながら、傷ついた愛の多様なストーリーを描き出してゆく。メロディとアレンジが奔放に飛び交い、力強く思いの丈を紡ぐさまは、バンド/ソングライター・チームの制約を離れたネイト・ルイスのありのままの個性と言えるだろう。

 ストリングスやフルート、シンセ・サウンドがじっくりと織り成すソウル・バラード“Take It Back”や、トロピカルなパーカッションが弾ける陽気なポップ・チューン“You Light My Fire”など、ファン.作品に引き続きプロデュースを担当しているジェフ・バスカーの力も大きいだろうが、自由な膨らみを響かせる楽曲アレンジはネイトというソロ・アーティストのイマジネーションを支えている。胸の中に激しく渦巻く思いを嵐になぞらえて音像化する「Great Big Storm」の強烈なシンフォニーや、失意のドン底で格闘するうちに美しいコーラスに包まれる表題曲「Grand Romantic」。下手をすれば大仰にもなりかねない楽曲群を、ネイトの生々しい感情を乗せた歌声は臆することなくリードしてゆく。

 中でも興味深いのは、ベックがヴォーカル&ギターで参加した「What This World Is Coming To」だろう。コンピレーション作品『Beck Song Reader』(元々はベックが発表した楽譜集)にファン.が参加したという経緯もあり、今回2人は楽曲の中でヴォーカルを分かち合い、そして寄り添わせているのだが、いかにもベックが登場しそうなフォーク・ロック風の作曲と、ネイトらしいダイナミックな展開が融合している点で面白い。ソロ作で強く個性的なのに、決して内向きではない懐の深さが『Grand Romantic』には備わっている。なお、ネイト・ルイスは本作を携え、FUJI ROCK FESTIVAL ‘15の2日目(7/25)に出演予定だ。こちらもぜひ楽しみにして欲しい。

[Text:小池宏和]

◎リリース情報
『グランド・ロマンティック』
2015/06/17 RELEASE
WPCR-16452 1,980円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

【FUJI ROCK FESTIVAL ’15】開催直前特集
「もう何もかも諦めてしまっていた」― FUN.のフロントマン、ネイト・ルイスが語る1stソロ・アルバム
英バンド・ミューズ、7月24日のMステに初出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP