ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

9,000円の「家」が発売中!しかも、完成までたった1日でOK

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円で家が建ってしまうというから驚きです。

実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Beam Designs」が開発したもので、自然災害で家屋が倒壊した際などに使用する目的でデザインされているもの。

高度な建築技術も必要なく、マニュアル通りに組み立てればたったの1日で家が建てられます。

2010年の臨時住宅に関するデザインコンペでThe Earth Awardsを受賞した作品。テントシェルターと簡易住宅のちょうど中間にあるような仕組みで、見た目以上に長持ち。5年ほどは使用できるよう設計されています。

木の板は細かく別れたパーツを組み合わせるだけでよく、輸送やその他のコストもとても安く済みます。さらには、再利用も可能。

組み立て式の骨組みになっており、現地の土や、瓦礫、漆喰やコンクリートなどで固めることによって強度のあるシェルターとしても機能する仕組み。

上の画像のように、部分的に固定しても使用できます。およそ80枚ほどの板があれば1件の臨時住宅を組み立てることができ、釘やストラップで連結させることによって骨組みを完成させます。

付属のタープによって水の浸透を防ぐことができ、プレートには断熱材や保温材であるスタイロフォームが使用されており浸水の心配はありません。さらに、絶縁体にもなっているなど機能は充分。様々な自然環境に対応しています。

ホームページでは実際に75ドルで注文することが出来ます。価格の安さを考えると、住居としての目的以外にもいろいろな用途で使用することができそうです。気になった人はチェックしてみては?

Licensed material used with permission by I-Beam Design

関連記事リンク(外部サイト)

オランダが、プラスチックを再利用して道路をつくる初めての国になるかもしれない
電子レンジをフル活用!3食+デザートまで。お手軽レンチンレシピ8選
控えめな人ほど、早死にする!心臓病やガンのリスクを上げる「感情」って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP