体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

30種の肉料理と100種のハイボール!夏のブラックニッカハイボールフェア絶賛開催中!!

2015年夏はハイボールと肉がオススメ!東京・銀座コリドー街にある「ネロ・オッキ」では、9月30日まで、夏のブラックニッカハイボールフェアを開催中!「100Hi-ball meets Meats」と題して、自家製ソーセージや1キロのTボーンステーキ、ミラノ風カツレツなど30種の肉料理と100種のハイボールが楽しめる!!

「ネロ・オッキ」では、今回のフェアのためにハイボール100種を用意した。ハイボールには、クリアな味わいがソーダと相性抜群の「ブラックニッカクリア」をメインで使用。スモーキーフレーバーが控えめな「ブラックニッカクリア」は、すっきりとした味わいで、そのままでも、ほかの割材と組み合わせてもおいしいウイスキーだ。

ハイボールを100種開発するにあたって、リキュールやジュースのほか、トマトや唐辛子といった変わり種も取り入れた。冷たく凍らせたマンゴーやバナナなどの果物を氷代わりに使用したフローズンフルーツハイボールも13種を取りそろえる。

また、ウイスキーの味の違いが楽しめる「竹鶴」や「ジャックダニエル」などのハイボールもあり、好みによって、さまざまな飲み方ができるラインナップとなっている。

「ネロ・オッキ」は、薪窯で焼くピッツァとともに、肉料理が豊富なトラットリア!

「自家製ソーセージ」(690円~)、「牛スジのチーズグラタン」(1000円)、「鶏レバーのムース」(680円)などのサイドディッシュから、フィレンツェの名物ステーキ「ビステッカ アッラ フィオレンティーナ」(500g 6000円~)、「羊肉のグリル」(2本 1960円)などの豪快なメイン料理まで肉料理だけでも約30種ある。

早くも真夏日が続く東京で、さわやかなハイボールとパワーの源の肉料理で、2015年の夏を堪能して!「ネロ・オッキ」はこちら(http://kiwa-group.co.jp/restaurant/104/)。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。