ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手持ちのau端末を格安スマホに変身させる方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドコモのスマホに、ドコモ系MVNOの格安SIMを挿せば、特にSIMロックを解除しなくても、格安スマホ化できることをご紹介しましたが、今回はauスマホをご利用の場合の、月々の支払い料金を安くできる方法と、その際に気をつけるポイントをご紹介します。
「格安スマホ」「格安SIM」の用語や、ドコモ系MVNOについては、ドコモ編で解説してありますので、そちらを参照してください。
手持ちのドコモ端末を格安スマホに変身させる方法

auも基本的にはドコモ同様です。au系MVNOサービスのSIMカードをauのスマホに挿すことで格安スマホ化することが可能です。auのネットワークで展開しているMVNOサービスは2つあり、ケイ・オプティコムが提供する「mineo」と、KDDIバリューイネイブラーの提供する「UQ mobile」から選ぶことが可能です。

mineoは月額756円から、UQ mobileは月額1,058円からと、本家auと比べると非常に低料金でデータ通信が利用できます。MVNO事業者はauの回線を借りてサービスを提供しているため、自前で大規模な設備投資が不要なことからコストを抑えられ、auと同じネットワークサービスを安く提供できるため価格メリットがありますが、気をつけるべき注意点もあります。

au系MVNOを利用する際の注意点
 

注意点とは、「(格安化できるのは)LTE対応端末限定」ということです。au系MVNOは3G回線でのデータ通信ができず、LTE回線だけで通信を行います。つまり、お手持ちのauスマホがLTEに対応した端末でないとMVNOのSIMサービスが利用できないのです。

山間部や地方など、一部LTE回線の整備が手薄な場所では、インターネットそのものができない危険性があります。ちなみに、音声通話を利用する際には3G回線でやり取りを行うので問題はなさそうです。

もう一つの注意点ですが、auが開始したVoLTEにも注意です。VoLTEはLTE回線を利用した高音質通話サービスのことですが、最新の「Galaxy S6 edge SCV31」や「Xperia Z4 SOV31」のような、VoLTE対応端末では、au系MVNOのSIMカードは利用できません(2015年7月現在)。もし、最新端末をMVNOで使おうとお考えの方はこういった落とし穴に気をつけてください。

 

iPhoneではau系のMVNOサービスは利用できない?

利用者数の多いiPhoneでの利用に関しても注意点があります。それは、au系MVNOのSIMではiOS8.0以降のiPhone・iPadを利用することができないということです。この問題については対応が進んでいますが、mineoを運営するケイ・オプティコムは、現時点では、iOS7.Xにてmineoを利用しているユーザに向けて「iOS8へのアップデートは避けてもらいたい」とし、UQ Mobileを運営するKDDIバリューイネイブラーも同様です。
※文中の価格はすべて税込み(8%)です。

 

※iOS8.0以降の対応について補足

2015年7月13日にIIJのエンジニアによる公式ブログ「てくろぐ」にて、「APN構成プロファイルの変更でiPhone・iPadの通信が安定?」という記事がアップされており、その記事内に新たな「構成プロファイル」が公開されていました。

公開されたプロファイルを利用することで、ドコモ網を使ったMVNOサービスが安定するだけでなく、従来iPhone・iPadでは一切利用できなかった「KDDI au LTE網を使ったMVNOサービスが使用可能となった」と記載されております。
※IIJは法人向けにau LTE網を用いたデータプランを提供しています。

これを受けて、mineoの公式ファンサイト「マイネ王(β版)」で、公開されたプロファイルを使用し、mineoでの動作テストを実施し、そのテスト詳細について公開しています。
iPhone・iPadのAPN構成プロファイルの変更による動作確認テストについて(第3報)

なお、本文内で公開している「テスト用mineoAPN構成プロファイル」は、あくまでテストに使用しているものなので、どのような問題が発生するかわからず、サポートの対象外になるとのこと。問題が発生した時に自分で対処できる人以外は、現在のところ静観していたほうが得策かもしれません。

しかし、これまでiOS8.X以降での利用が諦められていたau網を利用したMVNO SIMの利用に関して、一筋の光明が見えました。近い未来、より良い報せがやってくるかもしれませんね。 

(文:アスカ)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP