ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いつもは静岡の飲食店でしか飲めない限定ビール、「静岡麦酒」を2万ケース販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サッポロビールは、7月28日(火)、静岡限定ビール「静岡麦酒」350ml缶を2万ケース限定で発売する。通常は、静岡県内の飲食店でしか飲めない「静岡麦酒」だが、この夏は家庭でも楽しめそうだ。

この商品は、サッポロビールが徳川家康公顕彰四百年事業のサポート企業でもあることから、静岡の伝統継承と観光・経済活性化の一助となることを目的として販売する。

3月に発売した静岡麦酒は、当初の予定を上回る1万9000ケースを販売し好評を博した。そして、8月21日の静岡県県民の日を祝し、再び静岡麦酒を発売する運びとなった。

2013年の発売以来、好調に売上げている静岡麦酒は、富士山の雪をイメージし、静岡県出身の企画担当者、醸造技術者、デザイナーが集まって開発した商品となっている。

麦芽100%、ファインアロマホップを使用した静岡麦酒350ml缶は、静岡県のみの販売で、オープン価格となっている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP