ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蒸し暑い夏のニオイ対策 「汗マネジメント」はいまや常識だ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6、7、8月は一年で最も湿度が高い季節。今年は5月時点で平年の3倍の数の台風が発生しており、いつもより台風も多くやってきそう。雨が降ると窓を締め切る生活になるためニオイがこもりがち。そんなとき気になるのは通勤通学や職場、教室などで一緒になる人たちのニオイと、背中にシャツが貼りつく、ズボンの裏地が足にまとわりつくなど自分の汗が原因のベタつき。

「偶然、映画館で隣に座った男性がとてもクサくてたまりませんでした。まだ館内が明るいときに隣に座ったのでちらりと見えたのですが、汗でシャツがぺたりと肌にはりついていたから嫌な予感がしたんですよね。原因は服なのか頭髪なのか、汗でびっしょりだからクサいのか。いずれにせよ110分の映画の上映中ずっと気になって、映画を観終ったら頭痛がしたほどでした」(30代女性)

「猛暑日に通勤電車に乗るときは、汗だくの人の近くにならないように気をつけています。汗でぬれたシャツがぺったり背中や腕にはりついた人が近くになると、どんなに電車が込んでいてもその人に触らないように踏ん張ります。頑張りすぎて筋肉痛になることもありますが、絶対に触りたくないので。でも、間近で見ちゃうとその日は一日、憂うつな気分になります」(20代女性)

 身だしなみについてのアンケートによれば、気になることの1位が「口臭」(30.8%)、2位に「汗臭さ」(29.3%)、3位が「足のニオイ」(13.9%)という結果(シービック調査)。ニオイ関連が上位を独占したこの結果をみてもわかるように、多くの人はニオイを気にしている。

 また、女性はニオイに敏感だが男性はなかなか気づけないもの。とはいえ、知らぬ間に自分のニオイが原因で周囲から敬遠されないよう気を配ることは、今やビジネスパーソンのたしなみのひとつ。まだマスターできていない人向けに、汗をかきやすい夏にぴったりの汗マネジメントを中心に対策法を紹介しよう。

 風呂に毎日入り、朝は必ずシャワーを浴びていてもニオイと汗の問題はまとわりつく。まず身に着けるものの対策が肝心だ。防臭・除菌効果のある洗剤を使って洗濯し衣服のニオイを元から絶っておこう。そしてシャツに「メンズRiff あせワキパット」(小林製薬)を衣類に貼りつけると、外出時にわきから汗じみが広がらない。出先では「エリエール for MEN ドデカシート」で汗を拭いてこまめにケアすれば、不快感も減少する。

 とは言いつつも、外出先でこまめに汗を拭けないのは服の中。そんな人には「デオナチュレ 男さっぱりパウダー」(シービック)がおすすめ。お風呂上りや着替える前に、乾いた肌へたった10秒、すり込むだけでクール感が持続しべたつきを抑えられる。外では拭けない部位に使うととくに便利で、汗をかいて背中にシャツが貼りついたり、ズボンの裏地がまとわりついて気持ち悪いという思いをせずに済む。

 蒸し暑い日本の夏を、汗をマネジメントすることで周囲にも自分にも快適に乗り切ろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ワキのニオイは遺伝するが足のニオイは遺伝しない」と専門家
元々は無臭の脇汗 すぐに拭かないとアポクリン汗腺が悪臭に
「口臭」「脇臭」「ストレス臭」予防法をニオイの専門家が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP