ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20年前に買った時代遅れのストールを今の時代に復活させる方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファッションプロデューサーの植松晃士さんが、世のオバさんが美しく元気に生きられるようにアドバイス。今回は、随分昔のファッションアイテムを今の時代に復活させる方法です。

 * * *
 今回は私のお友達から教えていただいた、おしゃれの裏技を紹介します。お友達がとっても素敵な黄色ベースのストールをしていたので、「あら、かわいいわね」って褒めたら、「これ、20年近く前に買ったの」と言うではありませんか。

 よくよく聞いたら、彼女はこの連載を読んで、大昔に買った黄色いストールを思い出したんですって。それで、クローゼットから発掘して、あらためて見てみると柄や色はとっても素敵なんだけど、巻くと「正方形の大判」だからボリュームが出すぎ。そこで、思い切って半分にカットしてしまったそうですがその切り方に感心しました。

 まず正方形のストールを広げて、上辺の丁度半分の位置と右下の角をつなげて折ってみてください。次に左上の角と下辺の真ん中をつなげて折るんです。この線でカットすると簡単に平行四辺形のストールができあがります。

 スカーフは正方形より長方形のほうが使いやすいし、何よりたんすの肥やしを再利用できるところが素晴らしい!

 端の始末は、街のリフォーム屋さんで3000円くらいでやっていただいたそうですよ。さらに余った布でポケットチーフもできたんですって。

 彼女はカゴバッグの目隠しに、使わなくなったエルメスのスカーフを使ったりと、小物遣いがとても上手。大昔の派手すぎるスカーフも、こうして素敵にリバイバルを果たしました。ぜひ、やってみてくださいね。

 一方で最近、マンションを購入した別の女友達もいます。彼女は50代半ばで独身。「間取りを1LDKに変更した」と言うから、ひとり暮らし用。「…いろいろ、諦めたの?」って聞きそうになったけど、もちろんやめました。

 とはいえ、趣味に仕事に前向きで、いつ会っても楽しそう。目をきらきら輝かせて生きている女性は、誰が何といおうと魅力的です。

 逆によくないのは、ひまに任せてテレビ見ながら昼寝して大福食べて、というパターン。口を開けば不平不満が止めどもなくあふれ、その顔が定着してしまったら大変です。さあ、きれいな黄色い服を買いに街に出かけましょうね。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「オクトーバーフェスト」 残暑はビールをアウトドアで楽しむ
篠田麻里子、指原莉乃、加藤玲奈 ドールハウスで人形風写真
プリンをパンに塗って焼く「プリントースト」の作り方

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。