ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マルーン5 中国公演キャンセル ダライ・ラマ誕生祝いが原因か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年9月に中国公演を予定していたマルーン5。同中国公演がキャンセルになったことを、CNNおよびBBCが伝えている。

 マルーン5は、9月に中国でコンサートを開催することが決まっていたが、CNNによれば、7月16日に中国公演のキャンセルが発表されたとのこと。地元情報サイト Time Out Beijingには「マルーン5の公演は、我が国のお偉いさんがたによって中止されたとの情報を入手」と書かれている。

 この中国公演キャンセルは、7月4日にロサンゼルスで開催されたダライ・ラマ80歳の誕生祝いに出席したジョシー・カーマイケルによる「米国生誕おめでとう(そしてダライ・ラマも!)彼の神聖誕生おめでとうソングを歌うよ」と綴られた投稿(すでに削除済)が原因ではないかとファンやメディアは推測している。

 リンキン・パークやビョーク、そしてオアシスなどのアーティストらも、1959年に国外追放されたダライ・ラマとのつながりが理由で、中国でのツアーを制限されている。しかし、リンキン・パークに限っては、7月に中国で4公演を行うことが発表されており、中国のマルーン5ファンは、リンキン・パーク同様に再度中国公演が決定する事を願っているようだ。

関連記事リンク(外部サイト)

カーリー・レイ・ジェプセン、プロポーズ応援企画スタート
英バンド・ミューズ、7月24日のMステに初出演
カルロス・サンタナ、68歳の誕生日を迎える

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。