ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実験室にいなくても大丈夫!スマホから遠隔操作で実験室にアクセスできる画期的なシステム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロボットやインターネットといった現代のテクノロジーを、大学でおこなわれる研究実験に活用しようという動きがあるようだ。

・インターネットとロボットを、実験室のシステムに活用

取り組んでいるのは、ニューヨークにあるNYU Polytechnic School of Engineeringの研究チーム。教授のVikram Kapila氏、博士号の学生Jared Alan Frank氏らを中心としたチームでは、インターネットを使って、人間とロボットを結び付ける、便利なアプリの開発を進めている。

・スマホから指令を送れる

これまではラボ内の実験というと、人間の手によって実行、コントロールされ、実験結果を累積していくものだった。このプロジェクトでは、ロボットやインターネットを導入することにより、スマートフォンを使って実験室へ指令を送ったり、データにアクセスしたりといったことが可能になるという。

・リアルタイムのフィードバック

予算や自然条件、実験装置の数、参加メンバー人数など、さまざまな条件項目に応じて、実験の基準設定を変更、調節したりといったことも可能。iPhoneやiPadなどのデバイスを用いて、ワイヤレス通信をおこない、随時実験のフィードバックをチェックできるようになる。

・実験データにアクセスしやすく、シェアも容易

つまり、今現在、実験室の中にいるメンバーも、実験室の外にいるメンバーも、容易に実験進捗をシェアできるインタラクティブな仕組みなのだ。

遠方にいても、オンラインでリアルタイムの情報分析をおこなえたり、条件変更が可能になることで、より効果的に実験が進められるようになり、実験成果の向上が見込めるだろう。いち早い実現化が待たれる。

NYU Polytechnic School of Engineering

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP