ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

チームしゃちほこ、北海道のライブフェスで筋肉少女帯とWコラボ敢行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月28日に愛知県ラグーナビーチで開催される野外単独公演「しゃちサマ2015」を控える名古屋発スターダスト芸能3部所属の高校生アイドル6人組チームしゃちほこが北海道で初のライブフェスに参戦、2015年のしゃち夏開幕ののろしを北の大地であげた。

7月18日13時過ぎ小雨の降る中、北海道岩見沢で開催されている「JOIN ALIVE 2015」のFuture Flowersにチームしゃちほこが登場、1曲目「トリプルセブン」のイントロで秋本帆華が「名古屋から来ましたチームしゃちほこです、いっぱい声出して、いっぱい歌って雨を吹き飛ばしましょう!」と宣言、2曲目ではしまじろうとのコラボで話題の「じりじり夏活委員会」を初パフォーマンス、さらに「いいくらし」と3曲連続で披露した。

最初のMCで伊藤千由李が「北海道の皆さんこんにちゆー!私たちは名古屋から来ました~、色と雰囲気だけでも覚えて帰って下さい」とアピール、ショートバージョンで自己紹介、本日トリを務めたのが大黒柚姫、「今日わたし誕生日なんです!18歳になりました大黒です、It’s Newゆずき!」と会場を沸かせた。

続けて咲良菜緒が「今日はRose Stageでは筋肉少女帯の皆さんが出演するんですけど、『天才バカボン』でギターを弾いて頂いたのが筋肉少女帯の橘高さんなんです。今日は同じフェスに同じ日ということでコラボしゃちゃいます!」と呼び込むと筋肉少女帯のギター橘高文彦と共にハチマキと腹巻き姿で大槻ケンヂ(Vo)も登場、秋本帆華が「橘高さんが来るのはわかるけど、大槻さんは何やるの?」と質問、大槻が「20年ぶりに筋肉少女帯が北海道に来た!けど最初にやるのが“ボンボンバカボンなのだ~”“これでいいのだ~!”」と会場を沸かせ、「天才バカボン」をコラボ、フェスならではのサプライズとなった。最後の決めポーズでは大槻が「シェー」ポーズで決めたところ大黒柚姫が「それはバカボンじゃなくておそ松くんだよ」と突っ込む一幕も。去り際に大槻が「筋肉少女帯のライブにも遊びに来てね!“これでいいのだ~!”」と残しステージを後にした。本日誕生日の大黒柚姫が「残り2曲全力で行きましょう!」と呼びかけ「乙女受験戦争」へ。

その大黒が曲中に突然、ステージ下に降りパフォーマンス、会場はさらにヒートアップ、ラストは安藤ゆずの「アンセム!」の掛け声と共に「抱きしめてアンセム」がスタート、独特の振りで初めてみる北海道のファンたちを魅了した。最後に再びステージに一人戻された大黒柚姫は「アーンパンチ!18歳のゆずきもアソパソマソで行きたいと思います」と締めた。

ただ、今回のチームしゃちほこにとっての夏の開幕戦はこれだけで終わらず、今度はなんと逆に筋肉少女帯のステージにチームしゃちほこがサプライズ出演。しかも参加した曲は作詞を大槻ケンヂが手掛け、ももいろクローバーZが2011年11月にリリースしたシングル「労働讃歌」(同曲は筋肉少女帯としてもカバーを行っている)。曲の終盤、大槻が「チームしゃちほこ!」と呼び込み、6人がステージに雪崩れ込み踊りを披露、「同じ色のお姉さんたちと同じ事務所ですが、わたしたちはチームしゃちほこです」と秋本帆華が言い残し会場を沸かせた。

なお、チームしゃちほこはこの後7月20日「お台場夢大陸 めざましライブ」の出演など、8月28日の「しゃちサマ2015」まで怒涛のフェス、イベントへの出演が決定しており、7月24日には人気曲・REMIX音源を収録したデジタルコンピレーション作品「チームしゃちほこ 実用編」をiTunes限定で先行配信、そしてこの後にも大型発表が続くとのこと。

「JOIN ALIVE 2015」セットリスト
出囃子
1.トリプルセブン
2. じりじり夏活委員会
3. いいくらし
4. 天才バカボン(スペシャルゲスト:橘高文彦(Gt)&大槻ケンヂ(Vo)from筋肉少女帯)
5. 乙女受験戦争
6. 抱きしめてアンセム

関連リンク

チームしゃちほこ オフィシャルサイトhttp://team-syachihoko.jp/
チームしゃちほこ Twitterhttps://twitter.com/syachi_staff
チームしゃちほこ Ustreamチャンネル「SyachihokoTV」http://www.ustream.tv/channel/syachihokotv
チームしゃちほこ YouTubeチャンネル「SyachihokoCH」http://www.youtube.com/syachihokoch

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP