体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SCANDAL恒例の対バンライブで新曲「Stamp!」初披露、ドキュメント映画公開決定

SCANDAL恒例の対バンライブで新曲「Stamp!」初披露、ドキュメント映画公開決定

SCANDALが主催するライブイベント「バンドやろうよ!!Vol.6」が、7月19日に東京・赤坂BLITZで開催された。

この「バンドやろうよ!!」は、SCANDALが「バンドって楽しい!バンドやろうよ!!」という思いのもと2010年より主催してきた対バンイベントで、今年で6回目を迎える。今回のライブには、昨年Vol.5でSCANDALと一夜限りのガールズバンドを組んだ、沙田瑞紀(Gt.)が自身のバンド・ねごととしてカムバック。さらには、今年4月にリリースされたアルバム「愛する」にMAMI(Gt.&Vo.)がコーラスとして参加したSUPER BEAVERも参戦することとなった。

6回目の開催となった今回は、会場BGMからもこだわりが垣間みられる。これからを担う「バンドキッズ達に聴いてほしい洋楽ナンバー」をテーマに、出演バンドのメンバーが1曲ずつ選曲し、会場に12曲が流れ観客を飽きさせない演出がほどされていた。

今や今かと観客がスタートを待つなか、オープニングアクトとして今や「ガールズバンドの登竜門」との呼び声も高い「SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト vol.5」で昨年末グランプリを獲得した“ひかほりっく”が登場。大きな歓声が上がる。

1曲目にSCANDALのインディーズ時代からの演奏曲「S.L.Magic」のカバーを披露。演奏に応えるように、観客も拳をあげる。

ギターボーカルのかほり(Gt.&Vo.)が「ひかる(Ba.&Vo.)、かなこ(Dr.&Vo.)、かほり(Gt.&Vo.)の3人合わせて“ひかほりっく”です!よろしくお願いします!」と元気に挨拶すると「LOVE SURVIVE」のカップリング曲「ひかれ」を披露。

「私たちはSCANDALが大好きっという共通点で繋がって、そんな小さな活動をずっと応援してくれていた人たちがいたから、ここまでこれました。これからもまっすぐ信じて頑張ります!それでは、私たちの思い入れの深いこの曲で一緒に盛り上がりましょう!」と緊張しながら精いっぱいの言葉で伝えると、「SCANDALコピーバンド/ヴォーカリストコンテスト vol.5」でグランプリを獲得した曲「Hi-Hi-Hi」を披露し、会場のボルテージをさらに上げオープニングアクトとして大役を務めきった。

トップバッターのねごとは、颯爽とステージ登場すると、「DESTINY」「カロン」を披露。「GREAT CITY KIDS」の演奏が終わると蒼山幸子(Vo.&Key.)が沙田瑞紀(Gt.)に「前回のバンやろ!!に出たんだよね?」と問いかけると、沙田瑞紀(Gt.)が「凄い楽しかったよ~」っと穏やかに答える。

続けて、蒼山幸子が「ねごとを組む前にSCANDALが「DOLL」でデビューして、同世代のガールズバンドでカッコいいバンドが出てきたんだな~と思っていたんですが、それから私もねごとを組んで、こうやって同じステージに立っていることが、改めて音楽ってすごいなと感じています」「いつもいつもSCANDALからは刺激をもらっていて、同じステージに立っているのが嬉しいです!」と話した後、「メルシールー」「endless」を披露。

「それではまだまだいけますかー?赤坂BLITZ!」と蒼山幸子(Vo.&Key.)が会場を煽ると、「ループ」「nameless」「憧憬」を立て続けに披露し、会場をダンスフロアのように盛り上げた。

次に登場したSUPER BEAVERは、ステージにあがって早々にヴォーカルの渋谷龍太が「あなた“らしさ”をみせてください!よろしく!」と始め、「らしさ」「ルール」を披露。

渋谷は「なんと、SCANDALと対バンするのは6年ぶりとのことです。この前出したアルバムの曲「Q&A」でSCANDALのMAMI(Gt.Vo.)ちゃんにコーラスで参加してもらったんですけれど、細く長くこうやって繋がって同じステージに立てることは嬉しいですね。」と喜びを語り、「“ひかほりっく”の衝動的な感じ、初々しさを観て、負けちゃいけないなって思いました。せっかく会ったご縁なので、この会場にいる皆さんで盛り上がりましょう!」と「証明」「東京流星群」を演奏し、エモーショナルに会場を盛り上げていく。

最後のMCでは、「自分が大事だとおもう人に伝えたいことを、思ったときに伝えてください。最後の曲をここにいる貴方に歌います。」と観客ひとりひとりに全身全霊で思いを伝え、「ありがとう」で会場をひとつにまとめ上げる。

会場が熱気に包まれ、最後にSCANDALが登場すると大歓声が起こる。リスペクトを込めてSUPER BEAVER柳沢亮太(Gt.)と共に曲作りをしたMAMI(Gt.&Vo.)歌唱の「声」・ライブの定番曲「会わないつもりの、元気でね」を続けて披露。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy