ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】三代目JBS、『Summer Madness』は『R.Y.U.S.E.I.』の初週売上げを超えたか?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【深ヨミ】三代目JBS、『Summer Madness』は『R.Y.U.S.E.I.』の初週売上げを超えたか?

 7月20日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”の1位は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今年のサマー・アンセム『Summer Madness』が圧倒的な数字で1位となった。

 『Summer Madness』は、EDMのトップDJ、AFROJACKが手がけたトラックに、「R.Y.U.S.E.I.」を手掛けたプロデューサー、STYが歌詞とメロディーを付けた作品で、実売数10万枚超えるビッグセールスをあげた。また、MVも公開後約1か月で累計再生回数900万回を突破しているなど、注目度が高く2015年の夏を代表する1曲となるだろう。

 三代目JSBの夏ソングと言えば2014年6月25日リリースの『R.Y.U.S.E.I.』が挙げられる。リリースから1年が経過しているが、7月20日付Billboard JAPAN 総合チャート“HOT100”では、7位に入るなどかなりのロングヒット作でいまだに高い人気を誇っている。特にMVは、なんと累計再生回数5300万回を突破している。しかし、『R.Y.U.S.E.I.』のリリース初週セールスを見てみると、6.3万枚と『Summer Madness』に比べると売上げが少ない。三代目JSBがこの1年間で、シングル・アルバムリリースやライブなどを通じて多くのファンを獲得した結果、『Summer Madness』は『R.Y.U.S.E.I.』の初週売上げを大きく上回る10万枚という数字を今回叩き出したと言える。今作が『R.Y.U.S.E.I.』のようなロングヒットになるのか注目だ。

関連記事リンク(外部サイト)

三代目JSBの夏曲、圧倒的ポイントで総合No.1に!
東京パフォーマンスドール 新シリーズ【ダンスサミット ネイキッド2015夏】遂に開幕&スペシャル公演開催決定
急遽決定!佐野元春が7月22日のFM COCOLOに4番組連続生出演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。