ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カルロス・サンタナ、68歳の誕生日を迎える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本では海の日に制定されている7月20日はギタリスト、カルロス・サンタナの68回目の誕生日。

 1947年7月20日、メキシコ・ハリスコ州で産声をあげたカルロス・サンタナ。60年代初頭にアメリカ・サンフランシスコ移住し、自身の名を冠したラテン・ロック・バンド“サンタナ”を結成、69年に米国で行われた伝説のイベント【ウッドストック・フェスティバル】にもデビュー直前ながら出演を果たしている。これまでに、70年リリースのセカンド・アルバム『天の守護神』と99年の『スーパーナチュラル』、2002年の『シャーマン』で全米ビルボード・アルバムチャートNo.1を獲得、『スーパーナチュラル』収録曲の「スムース」と「マリア・マリア」が全米ビルボードHot100でNo.1を獲得している。最近ではグロリア・エステファンやジギー・マーリーなど、錚々たるラテン・アーティスト達とコラボした作品『コラソン』を発表(2014年)し話題となったのも記憶に新しい。

 現在は5月にスタートした欧州ツアー中のサンタナ。終了後にはアメリカに戻りツアーを再開、ラスベガスのHouse of
Bluesでの連続公演なども控えており、68歳を迎えてもなお、若手のバンド顔負けのハードスケジュールで活動を続けるようだ。

関連記事リンク(外部サイト)

サンタナ オフィシャルサイト

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP