ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国論壇重鎮 韓国の謝罪要求継続は単に「面子」の問題と指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本による韓国の植民地統治には功罪あったが、韓国の人々が日本式の近代教育を受け、多くのことを日本から学んだことは事実である。しかし、戦後の韓国は日本を否定し、日本から学ぶことを拒み続けてきた。韓国の未来を憂う韓国言論界の重鎮、漢陽大学名誉教授の金容雲氏と作家の柳舜氏が「日本に学ぶことの意義」について対談した。

柳:ここで指摘しておきたいのは、韓国はつまらないプライドによって実益を損なっているということです。過去の歴史を巡って日本に謝罪を要求し続けているのは、単に「面子」の問題に過ぎません。プライドを優先するあまり、実益を蔑ろにしてしまうのです。その結果、韓日関係が冷え込んで韓国経済にまで悪影響が出るようになりました。

金:一方の日本人は、「負けるが勝ち」という発想を持っています。

柳:韓国人にはその発想が通じないのです。

金:慰安婦問題が良い例ですね。河野・村山談話やアジア女性基金(*注)の設立にしても、日本は落としどころを提示して「これで終わりにしよう」という意思を示したのだと私は考えています。

【*注/元慰安婦への補償(償い事業)を主目的とし1995年に設立された財団法人。正式名称は「女性のためのアジア平和国民基金」。日本政府の出資と国内外の募金によって運営されたが、韓国では補償金の受け取り拒否が相次いだ】

 まさに「負けるが勝ち」の発想です。でも、韓国はそれを素直に受け入れないばかりか、徹底的に日本を追い込もうとしました。そして、そのまま20年という月日が流れてしまった。

柳:韓国人はそうした日本人の思考を学ばず、排他的かつ国粋的な目線で日本を敵対視してきました。韓国社会は、儒教的思考が国土を支配したがゆえに硬直化しています。

 日本は黒船来航のあと、西洋文明を取り入れ発展しましたが、朝鮮は異文化を受け入れることを拒みました。そうした排他性が今でも残っているので、日本を見習おうとしなかったのでしょう。

金:自国の弱点をきちんと理解した上で、他国から何かを学ぶことは恥ずかしいことではありません。韓国は「日本より優越でありたい」という意識を捨て、良き面を学び取ろうとする視野を持つべきなのです。

【PROFILE】金容雲/1927年東京生まれ。早稲田大学中退後に渡米。ウィスコンシン州立大学助教授、東京大学客員教授を歴任し、1968年に韓国に帰国。近著に『「日韓」の終焉と始まり』(三五館刊・平井敏晴共著)がある。

【PROFILE】柳舜夏/1943年京都府生まれ。戦後、韓国に帰国。純文学の作家として長年にわたり韓国文壇で活躍する。1980年に「韓国文学新人賞」を、1989年に「第1回怡山文学賞」(日本の泉鏡花賞に相当)を受賞。韓国きっての保守論客としても知名度が高い。『韓国人の癇癪 日本人の微笑み』(小学館刊)など著書多数。

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国人 本田のJリーグへの発言受け「韓国へおいで」と絶賛
韓国人が語る「○○は韓国が起源」に長崎ちゃんぽん、豆腐等
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「北にそっくり」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP