ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【社会人必見】苦手な人を攻略する「3ステップ」。まずは同情から!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気兼ねなく接することのできる人もいれば、とっつきにくい人もいる。でも、後者との良好なコミュニケーションも要求されるのが、社会人の宿命というもの。
Andrea Schulma氏が「Expanded Consciousness」に投稿したこの記事には、そのための秘訣がまとめられています。シンプルな3ステップは、きっとあなたを助けるはず!

誰かを惹きつけるためには、できる限り身の回りの物事に感謝する方法を見つけなければいけない。ネガティブになると波動が弱くなり、嫌なことばかりを惹きつけてしまう。
苦手な人を無理やりポジティブにとらえようとして苦しむ人が多い。確かに、自分を傷つけたり怒らせたりする人に感謝するのは難しいこと。でも、実はそうした人とも上手く付き合う方法があるのだ。
以下の3つのステップを参考に順番通りに実践してみて欲しい。

【ステップ1】
相手の悩みを見つけ出し
同情する

誰にでも悩みがある。あなたが苦手な人だって、何かしら悩みを抱えているはず。

まずは、その人が今何に苦しんでいるかを考えてみるのだ。恋愛や仕事がうまくいっていないかもしれないし、病気で体調が悪いかもしれない。苦しみを探すと同情が生まれ、その人に対する嫌な感情が弱まっていく。

ただし、このプロセスはネガティブな思考をもたらしてしまうため、あまり長く時間をかけてはいけない。悩みにフォーカスしすぎると、その人とあなた自身の悩みが大きなものに見えてしまう。少しの時間であれば、思いやりや同情につながり、相手に感謝するための手がかりを見つけられる。

【ステップ2】
ひとつでもいい部分を探して
その部分だけでも「尊敬する」

その人とあなたの性格的な相性がよくない可能性が高い。でも、少なくとも一つくらいは好きなところがあるはずだ。

面白い、話し上手、優しい、キレイ好き…、性格を掘り下げ、納得し、尊重出来る部分を見つけるべき。その数は多ければ多いほどいい。

【ステップ3】
言葉に出して
「褒めてみる」

その人のあなたへの態度は気に入らないかもしれない。でも、だからといって全てが嫌いないわけではないはず。目がキレイ、髪型がオシャレ、素敵な宝石を持っている…、近くにいる時は好意を持てる部分がないかを探せばいい。

気が向けば、その部分を本人の前で褒めてみる。褒めることは緊張感を和らげ、感謝といったポジティブな感情を生む。

人はいくつもの顔を持っている。嫌いな部分に目を向けることも、好きな部分を探すこともできるのだ。後者の姿勢を練習すれば、その人と一緒にいることが非常に楽になるはず。

これらの3つすべてを実行しても、まだその人を好きになれないこともある。でも、すぐに親友になれるわけではないので、問題はない。重要なのは、あなたの波動を改善することなのだ。

Licensed material used with permission by Expanded Conciousness

関連記事リンク(外部サイト)

ネガティブな心から脱却するために、絶対に意識するべき「10のこと」
不幸な人に共通する「7つの習慣」。幸せを遠ざけているのは、あなた自身です
毎朝、口に出したい「ポジティブな21の言葉」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP