ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンパンマン誕生エピソード!アンパンマンは普通の人間だった!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


アンパンマンといえば、傷ついて泣いている人に、自分の顔をちぎって食べさせ、元気にさせる子供たちのヒーローだが、最初は全然違う設定だったことを、みなさんはご存知だろうか?
 

1998年7月11日の読売新聞によると、当時のアンパンマンは普通の人間で、戦争で飢えた子供たちにアンパンを届けに行くストーリーだったとのこと。

1968年、やなせの童話集「十二の真珠」の一編としてアンパンマンは生まれた。顔は今のアンパンの形ではなく、普通の人間。物語も正義の味方アンパンマンが悪者ばいきんまんを倒すという、おなじみの勧善懲悪ではなかった。
「アンパンマンが戦争で飢えた子供にアンパンを届けに行くが、国境を越えて戦場に入ったため、敵に殺されてしまう。大人向けの苦い話でした。スーパーマンのような無敵のヒーローが実現する正義が僕にはインチキ臭く思えたのです」
見た目も格好悪く、「とても絵本や映画になるとは思わなかった。編集者から、こんなの描かないでくれと言われた」という。
73年の童話集「アリスのさくらんぼ」に、現在の原型となるアンパンマンが登場。「正義は決して格好良くなく、自分も深く傷つくもの」という、やなせの信念から、アンパンでできた自分の顔を削って、困った相手に食べさせるというアイデアが浮かんだ。同年、幼児向けの月刊絵本で連載が始まり、人気に火がついた。

参考:1998年7月11日「読売新聞」

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】古谷徹(アムロ・レイ)「好きなモビルスーツは、ゲルググです。」
日本のテレビで初めて放送された、日本のアニメは?
出演してみたいアニメは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP