ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

堀場製作所創業者が伝えたかったこと「会社のために働くな」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 京セラ、村田製作所、任天堂などに代表される京都企業は、その土地柄からか独創性に富み、自由闊達な人材育成で名経営者も数多く生まれてきた。

 先日は任天堂の“天才プログラマー”、岩田聡社長(55)の突然の訃報を惜しむ声が国内外から多数寄せられたが、7月14、また京都企業の重鎮が一人この世を去った。計測機器メーカー、堀場製作所の創業者である堀場雅夫氏(最高顧問・享年90)である。

 堀場製作所は同氏が京都帝国大学理学部に在学中の1945年に設立された。当時は皆無だった学生ベンチャーの先駆けだ。

 同社は今でこそ自動車向け排ガス測定器メーカーとして世界中でその名を轟かせる存在になったが、創業当時はビジネス拡大のために金策に走り回る日々が続いたという。

 2011年10月に行った週刊ポストのインタビューで、堀場氏はこう振り返っている。

「大学では原子核の研究をしていたのですが、終戦後に米軍が兵器の開発につながると思ったのか、大学にやってきて実験に使う機器をすべて持ち去ってしまいました。そこで好きな研究を続けるために、京都市左京区の小さな民家で『堀場無線研究所』(堀場製作所の前身)を立ち上げました。

 ここでは電気製品に使われる『電解コンデンサー』を自分で開発し、大手家電メーカーから注文も取ったのですが、いかんせん量産する工場もありませんでしたし、資金もない。

 金策に駆け回ってようやく大阪の中堅機器メーカーから出資の約束を取り付けたと思ったら、今度は朝鮮戦争が始まって金属価格が高騰。結局100万円の借金を背負う羽目になってしまいました」

 そんな苦境を乗り越えられたのは、堀場氏がモノづくりにかける情熱と好奇心を失わなかったからだ。同社の社是にもなっている「おもしろおかしく」は、堀場氏の生き方そのものだった。

「仕事も遊びも嫌々やっていたら新しい発想は生まれません。今の人たちは『会社のために頑張る』なんて言いますが、自分が何をしたいのかを突き詰めて、本気で楽しまなきゃ人生もったいない。〈わがまま〉でも〈出る杭〉でも構わないと、この会社では言い続けてきました」

「トップスピードで走れるのは40代まで」と、自身は1978年、53歳のときに早々と経営の第一線から引退。長男(厚氏)に社長の座を譲ったが、その後も社内のみならず社外のベンチャー企業育成も買って出るなど、意欲旺盛な若者たちを支援し続けた。

 ベンチャー不作時代が続く中、堀場氏の遺志を受け継いだ“突き抜けた起業家”の登場に期待したい。

●撮影/杉原照夫


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
外国人投資家 中国高齢化で日本のヘルスケア関連銘柄に注目
値上がりが期待される「新興国」「スマホ」関連9銘柄を紹介
総選挙で新人議員184名誕生 氏名標作成業者は徹夜で名入れ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP