ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デパート勤務50代男 寝言ではっきり「申し訳ございません」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人間の深層心理が出てしまう「寝言」。むにゃむにゃレベルならいいが、はっきりした寝言を発せられると周りの人間もなんだか心配になってしまうもの。埼玉県に住む女性Tさん(51才)はデパート勤務の夫(55才)とフリーターの長女との3人暮らし。この夫の寝言がかなりすごいという。

 * * *
 デパートに勤めているせいか、夫の寝言がハンパじゃないんだわ。それも「むにゃむにゃ」じゃなくて、はっきりした言葉をしっかりと発言するの。

 ほとんどが謝罪系で「あいすみません」から始まって、「それはもう、申し訳ございません。はいっ、てまえどもの不手際でございまして。はいっ、おっしゃる通りでごさいます。はいっ、ご迷惑をおかけいたしました」と。

 それを聞くたび、会社でつらい思いをしているんだなと同情していたんだけど、この間は今まで聞いたことない寝言を言ったんだわ。

「やめろよ~。妻にバレたら大変なことになるぞ~。ダメ、ダメ。そんな甘い誘惑にはのりませんって」て。思わず起き上がって顔を見たら、ニヤニヤしたり「いひひ、いひひ」って気持ち悪い笑い方までして。

 こいつ、どんな夢見てるのよって腹が立って腕をペシンとひっぱたいたわよ。そしたら「だから姉さん、プリンはダメなんだって」と。

 糖尿の気がある夫は、私に隠れて義姉の家でプリンを食べる夢を見てたの。

 こうなると、かわいそうというより、情けないわ!

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「申し訳ございません」「とんでもございません」 実は誤用
仙谷氏「こんにゃくゼリーの形と硬さ」を政治主導で決定へ
年賀状のNGワード 「新年明けましておめでとうございます」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP