ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イギリスで発見された「鋼鉄の妖精」の魅力が世界中で話題に!美しすぎる・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マンチェスターとバーミンガムの間に位置する歴史の深い産業都市ストーク・オン・トレントは、まるでファンタジーの世界に出てくるようなレンガ造りの大釜などが特徴的で、観光地としても有名です。

ここで紹介するのは、街の南にあるザ・トレンタムエステートという公園で撮影された展示作品「Fantasy Wire」の写真。街の雰囲気ともかけ合わさり、そのあまりの美しさに世界中の人々が魅了されているようです。

ステンレスで作られている作品は、イギリスの彫刻家Robin Wight氏によって制作されたもの。風を感じるような、たんぽぽのわたげの軽やかな動きや妖精のもつ女性的で靭やかなフォルムを、全く正反対の印象をもつもので表現しています。

その他、光と影の印象で大きく変化する様子や物語を感じさせるような装飾も魅力的。

Robin Wight氏によれば、そのインスピレーションは1920年に撮影された少女と妖精の人形が写ったモノクロ写真から得たもの。もちろんそれは作り物でしたが、数年前に自宅の庭にある樹を撮影したところ、たまたま写真に似たような妖精の姿を発見しました。

その真相は樹の枝から差し込む太陽光による錯覚ではありましたが、それをきっかけにこの彫刻の制作を決意したのだとか。ホームページでは、アイデアの元となった2つの写真や、その他の作品を見ることが出来ます。興味のある人は一度覗いてみては?

Licensed material used with permission by Robin Wight

関連記事リンク(外部サイト)

「美しい授乳写真」に込められた、意外なメッセージとは?
「枯れ葉」をパッチワーク!?まるで革製品のように上品なオブジェが素敵
この絵には「ある秘密」が隠されています。アナタは見抜けますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP