体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネガティブな心から脱却するために、絶対に意識するべき「10のこと」

150717_stop-positive

心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousness」で、人生がより幸せで素敵なものになる方法を紹介しています。

彼女が強調しているのが、ネガティブな行動をやめること。気が落ち込みやすいんだけど、どうにかしたい。なんてタイプの人は記事を参考にしてみるといいかも。

85singo_shutterstock_231366088

ポジティブでいたい!いくらそう思ったって、世の中はホントにウンザリするようなことで溢れています。残念ですが、今は明るく振る舞うことがそれほど重要視されていない時代。

気持ちを上向きに持っていくことが難しいときだってあるでしょう。ですが、ここに紹介する10のコトに注意すれば、ネガティブな気持ち にならずにすむかもしれません。試してみる価値はありますよ!

01.
人のせいにしないで
自分ゴトにすること

最近は、責任を誰かに押し付けることが当たり前になってしまいました。でも、周囲で起こっていることって自分の決断によって生み出されたもの。ですから、本当は誰のことも責めることはできないのです。
困難な出来事に直面した時、責任を持つようにしましょう。自主的に動くことで、力がつき、能力が高まるチャンスにもなります。

02.
誰かと比較するのではなく
個性を伸ばすこと

私たちは個性があります。みんなが同じでは、世界はもっとつまらないものになってしまうでしょう。
ポジティブでいるために、誰かと自分を比べるのはやめましょう。あなたには素晴らしい才能があります。無理に比較してその才能を見落としてしまう可能性もあるものです。
比較するのではなく、自分自身や他人の個性も両方認めて、その上で尊重するように心がけましょう。

03.
ネガティブな音楽に
救いを求めないこと

85singo_shutterstock_236935435

音楽は感情に大きな影響を与えます。聞く音楽には要注意。怒りや悲しみ、敵意のあるような音楽ばかり聞いていると、少なからずそういった影響を受けてしまうものです。
テンポの速い曲は、あなたの気持ちを高め、やる気を出す効果があります。スピードや歌詞に注意して、ポジティブな気持ちになるような音楽を中心に聞くようにしましょう。

04.
周囲の評価にとらわれずに
良いと思うことを伝えること

誰もが、人々や社会から評価されたいと思っています。人気者になりたい!「いいね」が欲しい!そんなことを気にしながら、自分の中に価値を見出そうとします。
でも実際、評価基準に合わせるのではなく、自分で自分をきちんと律するべきなんです。あなたには素晴らしい部分がたくさんあります。それが他の人には伝わっていないだけかもしれません。だから、その良さを理解してもらえるように、できる限りのことをしましょう。

05.
感情表現することに
臆病にならないこと

私たちは、感情を表現することを恥ずかしがります。他人に依存していないことを表現するために、ハグしたり、優しさを見せたり、愛を与える行為を恥ずかしがります。格好つけすぎて、他人と関係を持つことに臆病になっています。
ですが、私たちの世界を作るものは愛です。賞賛や優しい言葉をかけられることが嫌いな人はいないでしょう?恐れずに愛情表現しましょう。そうすれば、あなたも愛されるようになるはずです。

06.
違いを拒絶せず
理解すること

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。