ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone 6がレトロな“スーパー8ビデオカメラ”に変身!「Lumenati CS1」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ、デンバーを拠点にする映像製作会社が、iPhone 6をレトロな“スーパー8ビデオカメラ”に変身させるシネマ・スマートケース、「Lumenati CS1」を開発した。

・次世代の“デジタル・レトロカメラ”!

使い方は、スーパー8カメラのように簡単。「Lumenati CS1」ケース本体に、iPhone 6をスライドイン。そしてアプリを立ち上げ、撮影ボタンを押すだけ。

「Lumenati CS1」の強みは、リアルタイム・ビューファインダーがついて映像を確認しながら撮影できることだ。

iPhoneを使った直射日光の下で撮影は、画面で何が写っているのかを確認しづらかったが、この機能で一気に解決する。

・デジタルの使い勝手とフィルムカメラの質感を

映像製作会社が開発しているだけに、「Lumenati CS1」を操作するアプリの機能も充実している。

撮影時に「Lumenatiアプリ」でシャッタースピードを変更したり、フィルターを使って撮影したり、撮影しすぐにアプリ上から画像編集し、音楽や文字をつけてSNSにシェアすることもできる。

また、レンズのバリエーションも豊富で、標準の58mmレンズの他、ワイド、フィッシュアイ、テレフォトレンズも揃っている。

さらに、マイクやライトをセットアップし、三脚を使えば本格的な撮影も可能になる。「Lumenati CS1」は、正にプロが求める新しいジャンルのカメラだ。

・Kick Starterで目標額を大幅に超える

Lumenati社ではプロトタイプとアプリの機能を完成させ、来年2月の商品化実現を目指し資金調達中。

Kick Starterですでに75万ドルの目標を大幅に超える90万ドルを集め、1ヶ月後の締め切りまでまだまだ資金が集まりそうだ。

販売予定価格は249ドル。今なら199ドルで、ワイドアングル・レンズ付きのセットが手に入る。(日本への送料は別途57ドル)

・レトロなフィルター充実 Instagram時代にぴったり

Instagramでレトロな質感のフィルターが人気を得ているように、デジタル時代になるほど、昔のフィルム・テクスチャーに魅力を感じるもの。映像制作会社が作る、次世代の“デジタル・レトロカメラ”に期待したい。

「Lumenati CS1」
cinematicsmartcase.com

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP