ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

独特の羽ばたきも劇中さながらに再現!「天空の城ラピュタ」のフラップターが立体化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジブリ作品の世界観にこだわって立体化された「フラップター」

ジブリ作品の世界観を精巧に立体化する「想造ガレリア」シリーズ第2弾として、「想造ガレリア フラップター」が登場。11月の発売に向けて、バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で、予約受け付けが開始されている。

フラップターとは、ジブリ映画「天空の城ラピュタ」に登場した小型飛行機械。主人公「パズー」が、囚われの身となったヒロイン「シータ」を助けに向かう印象的なシーンなどでも大活躍した。

「4枚の羽根」が交互にスイング可動ずるギミックを採用し、劇中さながらの虫が羽ばたくような独特の飛行を再現。また、飛行機の操縦桿をイメージしたスイッチBOX台座のトグルスイッチを入れれば、ヘッドライト、計器、ノズルが発光したり、羽根の可動ギミックが作動する仕掛けもついており、フラップターの操縦を擬似体感できるような仕様になっている。

価格は12,960円(税込/送料・手数料別途)。商品サイズは、ラップター本体(前後約120mm/最大翼幅約421mm)。セット内容は、本体×1、スイッチBOX台座×1、差し替えパーツ一式(着艦時用差替え基部×4/装甲パーツ×1)。電池は別売りで、単4電池×3が必要になる。

(C) Nibariki
企画/スタジオジブリ・バンダイ

鑑賞する角度を限定しないディテールとギミック

ヘッドライトなどのオリジナルアレンジも採用し、さらなるリアリティも追求

トグルスイッチをいれることにより、様々な仕掛けも

羽根パーツの基部は、飛行時用と着艦時用の2種が付属

デザインモチーフとなった蝉の抜け殻のようなフォルムもリアルに再現

▼リンク
「想造ガレリア フラップター」商品ページ
http://p-bandai.jp/candytoy/item-1000098113/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP