ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空自伝説自衛官 旧式機で最新鋭機“撃墜”し米軍トップ驚嘆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自衛隊の発足から60年余り。戦後の平和主義国家を支えてきた組織がいま、安保法制論議によって大きな分岐点を迎えようとしている。そこでいまこそ私たちは、「世界最良の軍隊」とも言われる自衛隊の真価に、目を向けるべきではないか。

 元自衛艦隊司令官の香田洋二氏は、世界最強の軍事国家・米国も自衛隊の「防衛力」には舌を巻くと強調する。

「憲法の制約がある日本はすべての軍事的ベクトルを防衛作戦に集中し、最強の『盾』を手に入れた。とくに海自の対潜水艦能力は世界最高水準で、冷戦中は200隻ものソ連の潜水艦を震え上がらせた。潜水艦は基本的に友軍にも探知されてはならないが、海自は米潜水艦を何度も探知・追尾し、米司令官が『オレたちを探知できたのか!』と驚いたほどだ」

 防空能力を研ぎ澄ました空自には「伝説のドッグファイト」が伝わる。1981年3月、三沢基地で行われた日米DACT(異機種戦闘訓練)で、空自の檜垣1尉操るF4が性能で上回る米軍のF15戦闘機と対峙。独自の編隊飛行で相手のスキを突き、至近距離から見事に“撃墜”(レーダー照射による撃墜判定)したのだ。

「旧式機で最新鋭機を〝撃墜〟した腕前に米軍関係者は驚愕した。檜垣1尉は、視察のため三沢にいた米軍制服組トップの統合参謀本部議長から、『エクセレント!』と握手を求められた」(佐藤氏)

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自衛隊「最新装備」実は世界最高レベルで中国軍丸裸にできる
在日米軍トップ 搭乗の戦闘機墜落し自衛隊に救助された過去
日中潜水艦比較 攻撃力は互角、探知能力・静粛性は日本が上

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP