ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロシアの皇帝・ヒョードルが現役復帰!「地上最強の裏ベストバウト」TOP3

DATE:
  • ガジェット通信を≫

38歳での現役復帰。元PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルが7月15日、現役復帰を発表し大きな話題となっている。

一時期は人類最強との名を欲しいままにしたロシアン・ラスト・エンペラーも2012年に現役引退し、今やロシア・スポーツ省の役人。そんなヒョードルの性が疼いたか「現役復帰のための特別練習をし、色々な団体を交渉中」との発言。そんなヒョードル最強時代の斜め上ベストバウトを紹介したいと思う。

1、VS.チェ・ホンマン
一番判りやすい、韓流大巨人チェ・ホンマン戦。意味の判らない体格差をモノともせず腕を完全に決め一蹴。

https://youtu.be/BZIWG7J1UWg 1:54~

2、VS.永田裕志
マイバッハ・ブルージャスティスこと永田さんとの一戦。今見てもミスター・サタンとピッコロくらいの差を感じる。プロレス最強神話崩壊の駄目押しと言われる試合だ。

https://youtu.be/IdpBcn5ddRY

3、VS.ズール
どう考えても練習もろくにせず、大きいだけのズールにも手を抜かない残忍なパンチとキックの雨あられ、余りにもドイヒーな光景は衝撃だった。

https://youtu.be/VkCDm_w_Ddc

一般的にはミルコ、ノゲイラ、アルロフスキーなどがベストバウトに挙げられると思うが、巨人、プロレス、デブと「未知との遭遇」の時ほど圧倒的な勝ち方を見せるのがヒョードル流。この妥協なき残忍性を再びリングで見たいものだ。

関連記事リンク(外部サイト)

コントかよ!めちゃくちゃヒドすぎる「世界のフリーキック」TOP10 【動画】
元ブラジル代表、42歳のロベルト・カルロスがまさかの現役復帰で話題に
元ブラジル代表・リバウド、引退して会長なのに弱いチームを救うため現場復帰→大活躍!
「黒ノリ」出現か?中村紀洋が壮絶すぎるプロ野球裏話を告白して話題に
スティーブン・セガールがロシアで「セガール拳」炸裂 動かずに相手が勝手に倒れていく!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP