体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男性が本気のデートで実践するべき「8つの行動」。女性も要チェック!

150718_dating-principles

大人気ブロガーJames Michael Sama氏によると、男性が気になる女性と出かける場合、その時間が「デートであること」をはっきりと示す責任があるようです。今回はその8つの方法をご紹介。
確かに、女性からするとディナーには誘われたものの、相手がどういうつもりでいるのか分からずヤキモキすることがありますよね。でも、これさえ読めば彼の真剣さをジャッジできるかも!

shutterstock_136789526_R

女性にどう振る舞えばいいのか分からない男性が多い。興味があるサインを送ろうとせず、デートを計画するための時間と労力を費やす男性が少ないのだ。すっかり道を外れてしまい、「ホンモノのデート」がどういったものかわからなくなっている。以下の8つがそのホンモノのデートに必要なパズルのピースだ。

shutterstock_127898261_R

01.
直前ではなく、
早めに相手を誘う!

単純すぎて言いたくもないが、現状を見ていると言わざるを得ない。

直前に彼女を誘っているようなら、それはデートではない。適切な方法で女性を誘うことが「ホンモノのデート」を始める第一歩だ。

02.
待ち合わせなんてあり得ない
迎えに行くのがマスト!

shutterstock_157452338_R

「待ち合わせ」という考え方が理解できない。女性に関心があれば、彼女のいるところまで迎えに行く。彼女がどこかへ出かけているならできる限りその近くまで行くべき。

03.
絶対にディナーは予約席で

shutterstock_204329608_R

何万円も使う必要はなく、一晩でいくつものイベントを考える必要もない。ただ、二人ですることを深く考えてみること。ディナーに行くなら、テーブルが空いてることを祈りながらレストランに行くのはやめるべき。彼女が好きな食べ物を探り、予約をし、落ち着いたテーブルを確保する。それも正しい方法で。

何をするにしても、きちんと計画をすること。

04.
身だしなみを整え、
清潔さをアピール

身だしなみに時間と労力をかけることは、自分自身と相手への敬意の表れ。初デートか100回目かは関係ない。常に外見を整えておくべき。気にかけるのを止めた途端、元には戻れなくなる。最初から気にかけないなら、今後は期待できない。

05.
相手に「割り勘にしよう」と
言わせることすら間違い

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。