ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広岡達朗氏 原監督は優勝後に球界のため弱いチームで監督を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 絶対的有利といわれながら、セ・リーグの大混戦に甘んじている巨人の体たらくを、心から嘆く1人の重鎮OBがいる。広岡達朗氏、83歳。現役として巨人黎明期を支え、監督としては弱小だったヤクルト、西武を優勝に導いた同氏が、舌鋒鋭く巨人の病巣を突く。週刊ポストで展開中の〈広岡達朗の「週刊ジャイアンツ批評」〉よりお届けする。

 * * *
 今の評論家は負ければ貶して勝てば褒める──そんな奴ばかりですが、私は本当の野球とは何かをお伝えしたいと思っています。

 野球では、試合に勝っても勝ち方が良くないということは多々あります。まさに今の巨人がその状態です。

 フロントがいい選手を集めてくれる巨人は、勝って当たり前。だからこそ勝ち方にこだわらなくてはならない。それに他球団は巨人の真似をする。巨人が今のような野球をしていると、球界全体がダメになる。

 はっきり言いましょう。原辰徳監督は今のままではダメです。選手の素質だけに頼って勝って、数字だけ残しても、名監督でもなんでもない。

 野球で勝つには、そのチームごとに「戦力の方程式」を考えなくてはなりません。ただ、頭で理論を考えれば勝てるものではない。頭がいいほうが勝つなら、東大は今頃連戦連勝しています。正しい理論は、膨大な練習量が伴って初めて実証されるのです。

 強かった頃の巨人には、それが自然と行なわれる土壌がありました。打撃では、あのカワさん(川上哲治)でさえ、多摩川で打って打って、打ちまくった果てに無意識で球を打つ境地に至り、打撃の真髄を悟ったといっていた。

 守備も同じです。ロッテのGM時代、選手に1000本ノックをさせればいいというと、バレンタイン監督が「イジメだ」などと反論したがとんでもない。いい恰好をして捕ろうとするからスランプになる。守備でも無意識で球を捕る境地に達しなければならないのです。そのために1000本ノックが必要なんです。

 無意識で体が動くようになれば選手の「本性」が出る。そこで監督が選手の本性と適性を見極めチームを作っていくんですよ。だから本来、監督の仕事は2月のキャンプでほぼ終わっているのです。

 それを原監督はキャンプ中、「自主性に任せる」などと放任しただけでなく、バッティングケージ裏に原タワーなる櫓を作って、女子アナを座らせてニコニコ、ぺチャクチャやっていた。本来はキャンプ中、監督にあんなヒマはないの。

 それでいてシーズンでは「戦力が足りない」などと言い始め、打線を猫の目のように変える。自分が何もしなかったことを証明しているようなものです。巨人の野球とは大将、4番がどっしり座って軸を作るのが伝統。現体制では阿部が適任です。慌てて坂本や亀井くらいの打者に打たせているようではダメです。

 最近はようやくそれに気づいたのか、原監督が自ら“大将”阿部に直接打撃指導を行なったと聞きました。それによって阿部はホームランを打てるようになった。大将が打ち始めると相乗効果で前後も良くなるんですよ。まァ、それに気づいただけでも進歩ですけどね。

 本来はこうした巨人の帝王学を、前任の長嶋(茂雄)が原に教えておくべきだった。しかしそれをしなかったのが問題だった。

 長嶋が勇退する際、原を後継者として推したのは私です。彼が父親である貢氏の指導法を肌で知り、そのDNAを引き継いでいると思ったからでした。そういえば原の采配は、昨年父親が亡くなってからおかしくなりましたね。今の巨人の野球は、本来の巨人の野球とはまったくの別物であることをお伝えしておきたい。

 原監督は今年で任期満了だという。今年、優勝を果たしたのちに、「日本球界のため、弱いチームで監督をやります」と宣言してほしい。ファンは大喝采すると思いますよ。一度弱いチームでやってみれば、私のいうこともわかってもらえると思うのですが。

●ひろおか・たつろう/1932年、広島県生まれ。早大を経て1954年に巨人入団。新人王を獲得するなど活躍し、その後も優れた守備力で巨人の中心選手として活躍した。引退後は広島コーチを経て、まだ弱小球団だったヤクルト、西武の監督に就任し、リーグ優勝4回、日本一3回に導いた。

※週刊ポスト2015年7月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
解任騒動の元巨人・清武英利氏が野球への思い綴った本が登場
江川卓、伊良部他プロ野球史上に残るヒール55人を紹介する本
巨人化進む横浜 「今季の巨人戦もっと数字伸ばせる」と選手

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。