ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安倍晋三氏 党本部に掲げる看板を書くため2時間練習の過去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自民党には「雑巾がけ」と呼ばれる長い修業時代がある。これまでの総裁の多くも、そうした下積み時代を経て「保守政治家」として成長してきた。

 そんな自民党歴代総裁の素顔を35年にわたって撮り続けたのが、自民党初代写真室長の岡崎勝久氏(70)である。岡崎氏のカメラは、いずれも報道写真にはない歴代総裁の人間臭い一瞬を捉えている。

 たとえば、現総裁の安倍晋三氏。2004年の幹事長時代に初代党改革実行本部長就任に際し、そこに掲げる看板に文字を入れた。岡崎氏が当時のエピソードを語る。

「ひとりで部屋にこもって2時間練習をされ、完成した書です。このときの看板はいまも同本部に掲げられています」

 岡崎氏の新刊『保守の肖像 自民党総裁六十年史』(文・常井健一、小学館刊)では、ここで紹介した安倍氏の写真を始めとする、歴代自民党総裁の素顔が活き活きと描き出されている。政界のスターダムに上り詰めていった人物の顔から、何を読み取ることができるか。

写真■岡崎勝久(自民党初代写真室長)

※週刊ポスト2015年7月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自民党写真室初代室長 撮影中に見た小渕首相の「死の前兆」
石原新党結成に自民党ベテラン議員「話が違う」と怒り心頭
塩崎厚労相「地元の老人ホーム事業に口利き」証拠メール報道

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP