ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大桃美代子が農業啓蒙「食やエネルギーを地産地消にしたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 喫茶店のお客さんにサービスとして霊視を始めたところ、「当たる」と大評判となり、月に500人も押し寄せるようになった“ムロケン”こと喫茶店のスピリチュアルマスター・室井健助さん。国会議員や有名芸能人からもアドバイスを求められるムロケンが、大桃美代子さん(50才)を鑑定します。

──トータルでは運気が低下する大殺界もなく、仕事に恵まれると説明するムロケンは、今後やりたいことを大桃に尋ねた。

大桃:ビジネスのグループがありまして、自分でリノベーションしようという活動をしています。

室井:絶対に共同経営だけはしてはいけません。成功した人はほとんどいないし、成功してもけんかになっちゃう。失敗すると、借金のなすりつけになります。トップは2人いちゃいけないんです。

大桃:そうなんですね。あとは農業もやっています。食やエネルギーを地産地消にしたいなと思っていて、農業の啓蒙を。

室井:故郷はどこなの?

大桃:新潟です。父が農家をしていたんですけど、中越地震が起きて被災したんです。地元の発信で、復興の姿を見てもらいたいと思って、新潟市で農業をやっています。農業の楽しさを子供たちに伝えたいなって、福島でも農業体験をやっています。

室井:いいですね。あなたは人と接する仕事が向いていますよ。

大桃:確かに、事務仕事は向いてないみたい。頭が痛くなっちゃって(笑い)。だから経営者に向いてないですね。下で、番頭のように働くのがいいなって、自分でも思います。

室井:そんなことはありません。経理を他人に任せて、あなたが舵をとればいい。人間はひとつやふたつ、抜けがあるから、素敵に見えるんです。完璧人には誰も近づかないから。

大桃:どちらかといえば、“抜け作”なんです(笑い)。

室井:それでいいんです。抜けているとかわいげがあるでしょ? 抜群に頭が切れすぎても、男性は引いちゃうもんですよ。

大桃:でも、周りの女性経営者を見るとピシッとしていて、すごいんですよ。

室井:女性は舐められちゃいけないと思うから、がんばっちゃうことが多いですからね。(手相を見て)経営者は、これくらい運命線が濃いほうがいいんですよ。この線、最近濃くなったと思いますよ、離婚でおひとりになられてからね。

大桃:そうかもしれません。

室井:商売って、なんで“商い”と言うかわかりますか? 売り上げのいい日も悪い日も、変な客が来る日も、飽きちゃいけない。だから“商い”っていうんです。夫婦も“商い”と同じ。好きで結婚したんだから、つらい日も嫌な日もけんかになる日もある。だけど夫婦も商いだから、耐えなきゃ。人生は我慢と努力なくして、先に進むことはないんです。

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
菅首相「若者の農業離れ」を危惧 中国式の土地公有化を示唆
大戸屋の水菜は野菜工場で作られていた! 工場内部を潜入撮
小国・オランダが農業輸出大国になるためにした3つの改革とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP