ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

花火大会を家で楽しむ! ロフトおすすめ人気グッズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夕立・風鈴・蝉時雨と夏の風流を楽しむ季節がやってきた。そんな夏の風物詩のなかで、欠かせないのが花火。

しかし、花火大会の混雑にはうんざりという人は、自宅や友人の家の庭やベランダ、屋上などで花火大会を楽しんでみてはいかがだろう? そこで、株式会社ロフト・プレスルームの岩坂さんに自宅での花火観戦で使えるグッズの人気商品を聞いてみた。まずはレジャーシート。お庭や屋上でごろごろしながら花火をみるには欠かせない。自宅のみならず花火大会には必需品だ。

●レジャーシート あおぞら
(メーカー/株式会社トルネ、価格(税抜)980円)
「青空のデザインが人気です」(岩坂さん、以下同)

【画像1】レジャーシート あおぞら(画像提供:渋谷ロフト)

●ピクニックシート ブルー
(メーカー/ワンダライズ、価格(税抜)1,200円)
「持ち運びしやすいタイプです」

【画像2】ピクニックシート ブルー(画像提供:渋谷ロフト)

●レジャーシートブルーチェック一畳
(メーカー/アートナップ株式会社、価格(税抜)600円)

【画像3】レジャーシートブルーチェック一畳(画像提供:渋谷ロフト)
「薄くて強い、ロングセラー商品です」

続いて、飲み物や食べものなどを保管する保冷ランチバッグ。屋上などで花火をみるときは重宝しそうだ。便利な機能付きのものも紹介してもらった。

●カラーズランチバッグ ピンク
(メーカー/株式会社アットファースト、価格(税抜)1,200円)
「ハンドバッグ型で、保冷機能つきです」

【画像4】カラーズランチバッグ ピンク(画像提供:渋谷ロフト)

●保冷ランチバッグ ブラック
(メーカー/株式会社アットファースト、価格(税抜)1,200円)
「キャンパス地なので、普段使いにもおすすめです」

【画像5】保冷ランチバッグ ブラック(画像提供:渋谷ロフト)

●ランチトート カモ
(メーカー/株式会社ラ・アプス、価格(税抜)1,800円)
「ファッションにも合わせやすい、おしゃれなカモフラージュ柄が人気です」

【画像6】ランチトート カモ(画像提供:渋谷ロフト)

コンパクトに折りたためて、なおかつ日本の風流を楽しむために最適な扇子も欠かせないアイテム。

●やわら咲きセット パープル
(メーカー/白竹堂、価格(税抜)1,925 円)
「ゆかたに似合う、優しい花柄です」

【画像7】やわら咲きセット パープル(画像提供:渋谷ロフト)

●さくらうさぎセット ブルー
(メーカー/白竹堂、価格(税抜)1,650円)
「女性に人気の、定番ウサギ柄の扇子です」

【画像8】さくらうさぎセット ブルー(画像提供:渋谷ロフト)

●THE FUJISAN 青
(メーカー/YAMANI、価格(税抜)2,000円)
「ニッポンといえば!の富士山スタイルはいかがでしょうか」

【画像9】THE FUJISAN 青(画像提供:渋谷ロフト)

自宅なら電気が使えるので、卓上扇風機もご紹介しよう。

●コンパクトデスク扇風機 ダークウッド
(メーカー/YAMANII、価格(税抜)2,000円)
「今年のトレンドは、ウッド調のコンパクト扇風機です」

【画像10】コンパクトデスク扇風機 ダークウッド(画像提供:渋谷ロフト)

●コンパクトファン サークル ブルー
(メーカー/YAMANI、価格(税抜)1,980円)
「薄型扇風機は場所をとらないので狭いベランダでもOKです」

【画像11】コンパクトファン サークル ブルー(画像提供:渋谷ロフト)

●BOXサーキュレーター5インチ wood
(メーカー/YAMANI、価格(税抜)2,900円)
「インテリアに合わせられる、ウッド調です」

【画像12】BOXサーキュレーター5インチ wood(画像提供:渋谷ロフト)

夏の風物詩の花火大会も、自宅で友人同士や家族同士なら気兼ねなく楽しめる。観戦できるお宅や友人の家にこういったグッズを持って行ってみてはいかがでしょうか?●取材協力
ロフト渋谷店
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/07/18/92044/
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP