ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ビーチボーイズ、ブライアン・ウィルソンとは何者なのか?映画『ラブ&マーシー』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『LOVE & MERCY』は、愛と慈悲を歌ったブライアン・ウィルソンの曲をタイトルにした映画。日本では『ラブ&マーシー 終わらないメロディ』というタイトルで、8月1日(土)公開となる。映画は、ビートルズと同時代に一世を風靡したアメリカの人気グループ、ザ・ビーチボーイズのコンセプトメーカーで、音楽的リーダーでもあったブライアン・ウィルソンを、ふたつの時代でとらえた意欲作だ。

1960年代、つきることのない創作活動の過程と、人気グループであるが故の非日常的な毎日。1980年代、ドラッグ中毒のリハビリを続ける日々では、専属精神科医によって厳しく管理された非日常が浮き彫りになる。映画は、ふたつの時代の全く異なる「非日常」を現出させることで、ブライアン・ウィルソンという希有なアーティストに迫っていく。

1960年代のブライアンを生き映したかのように演じるのはポール・ダノ。
1980年代のウィルソンに扮するのは、『セイ・エニシング』や『ハイ・フィディリティ』など、音楽がキーとなる作品で好演したジョン・キューザック。
2人のかけがえのない俳優を得た監督ビル・ポーラットは、この映画の鍵となる女性メリンダ役にエリザベス・バンクスを起用。名脇役ポール・ジアマッティの悪辣をブレンドし、見応えのある敬意に満ちた映画を完成させた。
だが、この作品は、音楽映画ではないし、ひとりのスーパースターを讃える映画でもない。『LOVE ACTUARY』に挿入されたザ・ビーチボーイズの名曲『God Only Knows』や、最もヒットしたナンバー『Good Vibration』を堪能できるわけではない。過酷なリハビリテーションの過程で生み出されたブライアン・ウィルソンの音楽を満喫させてくれることもない。

では、この映画が作られた意図はどこにあるのか。

ザ・ビーチボーイズのマネージメントを担当していた癇癪持ちで暴力的な父親との軋轢と葛藤、16歳で結婚した最初の妻に語る初めてのLSD体験。ザ・ビーチボーイズの2人の兄弟と2人のメンバーとの確執の日々。カーディーラーで女性と恋におちる姿。自分を飾ることなく、素直にありのままを語る彼は、異常なまでの監視下におかれているという現実。レコーディングに没頭し、スタジオ・ミュージシャンたちに対して「理想の音」を求め続ける。耳に鳴り響く音を掴み取り、ピアノでの弾き語って父に聴かせる。精神科医の監視を逃れて街を彷徨う。
やすらぎ、張り詰め、身構え、怯え、笑い、泣き、耐え、からかい、助けを求める…。

ふたつの時制に幾重にも重ね合わさせる細かなエピソードの先に、観客とブライアン・ウィルソンとの邂逅が待っている。
1960年代と1980年代、異なる俳優によって演じられるブライアン・ウィルソンとは、どんな人物なのか。そして、彼が生み出したかけがえのないナンバーの数々とは…。
この映画は、今年に73歳を迎えたブライアン・ウィルソンを知るためのガイドとなる作品だ。彼のことを知る人も、映画を通して初めて出会う人も、誰もがブライアン・ウィルソンが生み出した珠玉のナンバーに耳を傾けたくなる。それこそが、この映画に携わったすべての人たちの、慎ましくも勇気に満ちた敬意が生み出した大いなる成果だと思う。
73歳のブライアンを前にしたら、きっと、誰もが若者なのだ。

『ラブ&マーシー 終わらないメロディ』は8月1日(土)全国公開

(C)2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.

■参照リンク
『ラブ&マーシー 終わらないメロディ』 公式サイト
http://loveandmercy-movie.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

可愛すぎる大人気モデル、いくみんこと久松郁実クンに直撃!「頑張ったので自己採点は100点」
千原ジュニアが映画『マッドマックス』を大絶賛!「会議楽しかったやろうなあ」
映画『Mr.タスク』で来日した元天才子役ハーレイ君はポッチャリしたただのイイ奴だった!
【大天使】トリンドル玲奈が男子たちに胸アツメッセージ!映画『リアル鬼ごっこ』
箭内道彦監督作、映画『ブラフマン』が満席続出の大ヒット!主題歌「其限」も爆売れ中

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP