体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第2回:天狼院書店 三浦崇典さん(前編)

生活・趣味
第2回:天狼院書店 三浦崇典さん(前編)

本と人を繋ぐ人、本を通して人と人を繋げる人。新たな人と本の関係を造り出してしている方々にお話を聞く連載です。第2回は「天狼院書店」の三浦崇典さんです。

池袋ジュンク堂の脇の道を雑司ヶ谷に向かってまっすぐ歩いて行った先、お蕎麦屋さんの2階にそのお店はあります。階段を登り、ドアを開けてまず目に飛び込んできたのは「こたつ」。5月なのにこたつ?? 足を入れてみてビックリ!こたつの中を涼しい風が。これはヒンヤリ涼しい「冷やしこたつ」なのです。天狼院書店はこんなアイディアの玉手箱のような遊び心溢れた本屋さんでした。

kotatsu.jpeg

新しい業態の本屋を作る

――まず、三浦さんはどうして以前勤めていた書店を辞めて独立しようと思ったのですか。

以前から書店を作りたいという思いはあって。前の書店でもお店の改革をしたりといろいろ勉強させていただき、機は熟してきたかなと思いまして。

――それでクラウドファンディングを始めたのですか。

いや、それは辞めてから1年後でしたね。前の書店を辞めたのは2012年3月で、そのときには以前に起業していた会社の借金が結構ありました。でも、独立して書店を作りたいと言ったら、出版業界の方々がいろいろと仕事をくれて。ライティングや営業戦略とか。それで借金を全部返した後に、いよいよお店を作ることにしました。クラウドファンディングでは、いろんな人がFacebookでシェアしてくれました。そのおかげで達成することができました。
そのほか、大部分の開業のための資金は国民生活信用公庫や巣鴨信金に、新しい業態の本屋の事業計画書を本一冊分くらい書いて資金を調達することができました。いまは新刊書店を開こうと取次に口座作ろうとしても、とても条件が厳しくて、相当手元資金がないとほとんど不可能に近い状況なのです。古書店は別ですが。
でも自分は新刊書店しか頭にはなかったですね。

――この場所はどうやって決めたのですか。

池袋がいいな、というのは最初からありましたね。オリンピックに向けてこれからますます中核的な街のひとつになっていくと思っていますので。その中で、ここ(南池袋)にした理由ですか? それは当然お金ですよ(笑)。お金があればもちろんジュンク堂さんみたいな場所にお店だしたいですけど。誰だって(笑)。

――内装もとても綺麗ですよね。

有り難うございます。女性的にしようと思って女性のデザイナーさんにお願いしました。あと、棚も職人の大工に全部手作りでお願いしました。これ、お金かかっているんだよなあ。床もすべて張り替えました。居心地の良さに拘りたかったので。

zentai.jpeg
1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会