ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪芸人文化の影響で「嫁」の呼び名復活 月亭可朝師匠解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 朝日新聞の読者投稿欄「声」に掲載された66歳男性の投稿が論争を呼んでいる。
 
「タレントを含めて若い人が、妻を『嫁』と言うことに違和感を感じる。40年ほど前に結婚した私たちは『嫁』や『主人』という言葉は使うまいと決めた。戦前の『家制度』を思い起こすからだ。現憲法では結婚は個人と個人のものであり、女性が他家に嫁ぐことではない」

 要するに第三者の前で自分の妻をどう呼ぶべきか、という話なのだが、これが同欄で“大論争”に発展、インターネット上にも飛び火し、ちょっとした騒ぎになっている。

 嫁という言葉は江戸時代からあったが、単に「息子の妻」や「新婚の女性」という意味だったという。

 家族法制に詳しい近藤佳代子・宮城教育大学教授によると、「家に入る」という意味が強調されて使われるようになったのは明治31(1898)年の民法施行から。以後、「家に入った女」という意味で自分の息子の妻を「嫁」と呼ぶことが定着していったが、戦後、家制度が廃止されると、「夫個人と結婚したわけであって夫の家に入ったわけではない」という意見が増え、嫁という呼び名は敬遠されるようになっていった。

 それが近年、自分の妻を指して「嫁」という呼び名が復活してきた背景には、大阪文化というよりは大阪の芸人文化の影響が大きいという。大阪の芸人たちが使う「うちの嫁」という言い方が、若い世代に浸透していったのだ。

 実際、調査データを基にした記事を配信するサイト・しらべぇがアンケート調査で「家庭外で『妻』について話す際に好感が持てる呼び方はどれですか?」と世代別男女に聞いたところ、世代によって全く違う結果が出た(6月15日配信記事より)。60代以上は「かみさん」が1位、以下、50代は「家内」、30~40代は「奥さん」、20代は「妻」、そして10代以下の世代ではついに「嫁」が1位という結果になった。

 若い世代は、朝日新聞への投稿にあったような「家制度」など全く意識せず、「嫁」が定着しつつあることがはっきりと表われている。

 では、なぜ関西では「嫁」という言い方がスタンダードになったのか。上方落語の月亭可朝師匠(77)が解説する。

「楽屋で芸人同士が話す際に『家内』や『妻』というのは少し堅い。そこで、東京の落語家が使う『うちのカミさん』という言い方に対して、さらに親しみやすい言い方として関西では『うちの嫁はん』という言い方を昔からしていたんです。

 噺のなかでは『かかあ』といいますが、楽屋なんかではみんな『嫁はん』といっていた。いまの若い芸人たちは、その『嫁はん』を略して『嫁』というようになったんちゃいますかな」

※週刊ポスト2015年7月31日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
20歳世代 年金保険料は1160万円多くなり463万円の“赤字”
千葉出身女性「東京の次は千葉。埼玉なんか話にならねぇべ」
若き頃の植村直己を知る編集者が植村の知られざる姿綴った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP