ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「塩辛い食べ物が好きで毎日2合以上飲酒」でがんリスク増加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人間の体を作る食べ物は、がんともかかわりがある。特に次のような食生活ががんリスクを高めてしまうと、国立がん研究センターの笹月静さんは警告する。

「塩辛い食べ物が好きで、野菜や果物をあまり食べない、毎日2合以上のお酒を飲むという人は、がんにかかる確率が高くなります」

 さらにこのような生活を続けていると、がんだけではなく、脳卒中や糖尿病などの生活習慣病を促すことに。では、どんな食生活をすればいいのか?

「国立がん研究センターの研究では、野菜や果物に含まれるビタミン類が、多くのがんのリスクを低くするという結果が出ています。1日に、野菜と果物を合わせて400g程度、摂るのが理想です。また、青魚に含まれるn-3系脂肪酸を摂ることで、大腸がんの中の結腸がんや肝がんにかかるリスクが低くなる。そして、大豆に含まれるイソフラボン類も複数のがんにいいという結果も出ています」(笹月さん)

 これらをバランスよく摂ることで、がんリスクを減らそう。

※女性セブン2015年7月30日・8月6日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
がん予防 野菜や果物は1日に400g程度を目標に食べること
胃がん患者が日本海側に多い理由 「伝統的な食生活」と関係か
認知症は食の影響も大きい 圧倒的に不足しているのは魚と野菜

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。