ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塚本晋也監督 戦争へ近づく危機感が『野火』製作のきっかけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 戦後70年の今年、大岡昇平の戦後文学を代表する『野火』(7月25日公開)が映画になって公開される。監督は個性的な作品で海外にも多くのファンをもつ塚本晋也氏(55才)。予算がほとんど集まらなかったにもかかわらず、「今つくらなければならなかった」理由を語ってもらった。

――資金繰りが大変だったと聞いています。

塚本:大変以前にどうにもならなかったですね。戦争を扱っている大作なのでもともと予算はかかると考えていました。ぼくは、大きな会社からお金をいただいて、きちんと大きな映画をつくりたかったんです。そのお金が集まらないことが20年くらいずっと続いていました。

――予算はいくらだったんですか?

塚本:スタッフにギャランティーをきちんと出すことなども含めて、当時プロデューサーが算出したのは6億円でした。海外からお金を集めようと企画を持ち込みましたが、最終的にはダメだった。どうしてもつくりたいけどそれより予算を下げてしまうと持ち出しになってしまう。なるべく持ち出ししないでやりたかったので、そのままになってしまいましたが、持ち出しになってもつくりたいと思ったのが10年くらい前でした。

――いくらくらいで始めたんですか?

塚本:最終的に、主演のキャストにはみんながよく知っているキャストにする。スタッフにも最低のお金は出す。そうすると2億円規模+持ち出し、になるかなという感じだったんです。ところが、それもままならず。結局、最終的にやろうと思ったときにはお金は2億円どころか0に近かった。ほとんどないような状態だったんです。普遍的なテーマですし、今まではいつか撮れればいいと思っていたんですが…。

――何が問題だったんでしょうか。

塚本:具体的に動き出した3年前にはすでに、戦争で主人公がボロボロになっていく映画にお金を出すという風潮ではまったくなくなっていた。そればかりか、日本が戦争に急速に向かっている気配が濃密に漂っていた。20年前からつくりたいという気持ちだったんですが、3年前から「つくらなきゃ」という強さになりました。自分の作品的にも、世の中の流れ的にも、もうあとには回せないと。今つくらなければもうできないという焦りと、今このタイミングでお客さんに映画をガツンとぶつけなければいけないという強い思いがモチベーションになりました。

――今の安倍首相、政府の動きには、戦争へ向かっているのではないか、という批判があります。

塚本:実際の戦争は体験したくないので、映画を通して自分が追体験して、お客さんにも追体験してもらって、頭にパンと鉄槌を振り落としてもらうような。一緒に覚醒しましょうという気がありました。ぼく自身、今の平和な都市生活をしていると、確信の情報がこない。よほど意識的にならないとぼーっとしてしまうんです。そのぼーっとしている間に恐ろしいことが動いているということに意識的にならないと怖い。自分で目を覚ます意味でも映画をつくらなくてはと思いましたし、観客のみなさんにも覚醒していただきたいと思っています。

――東日本大震災も映画製作への大きな理由だったんですか?

塚本:地震そのものもあったんですが、放射能のこともいろいろ考えさせられました。事故で放射能が漏れたことで、今まで当たり前だと思っていた色々な仕組みが見えてきました。電気がどこからくるのか。なんででき上がる見込みのないもんじゅという原子力発電所のおばけみたいなものにこだわるのか。水面下の巨大なものが浮かびあがってくるように感じました。それらはとても不安を伴うものでした。時を同じくして、日本が急速に戦争に向かい始めるのがわかりました。

 当時私の妻が、自分の子供が放射能に汚染される恐怖とか、そのことに異常に神経質になっていく様子を目の当たりにしました。次の世代の人たちの命が危険にさらされる。これが戦争状態になったらと考えると、戦場へ行くのは若い人たちかもしれない、そう考えると肉体的な拒絶感が生まれました。

 不幸にも福島の原発事故があったことを教訓にしないといけないと思うんですが、あったことも忘れようとしているのではないか。それどころか、ないものとして済ませようとするのは神をも恐れぬ行為。恐ろしい気がしています。

――安倍首相が進める安保法案についてはどう考えていますか?

塚本:ぼくの映画は、政治的なメッセージは持ちません。あくまで見て、感じてもらうもの。戦時下の極限状況を描いてますが、人によっては「こんなひどい状況になるんだったらもっと強い国にならなきゃ」と思うかもしれません。「こんな状態は絶対イヤだから、どんなことを使ってでも戦争をしないようにしていこう」と思う人もいるはずです。自由です。でも、戦争はぜったいに近づくべきものではない、ということは感じていただけるはずです。

 ただ、最初にこの映画をつくろうとしたのが、民主党が自民党に負けて再び自民党が政権交代を決めた選挙の直前でした。震災の翌年です。そのとき自民党が出した憲法の改訂案を見たんですが、国民が国家権力の横暴を制限するための憲法であるはずが、国民の人権が軽くなっている。そのことから始まるストーリーを考えざるをえませんでした。

――「軽くなっている」というのは改訂案のどの部分に感じたのでしょうか?

塚本:自民党の憲法改訂案では、「基本的人権」の項目で「個人」が「人」に書き換えられているところもあった。昭和の終わりに育ってきたぼくが生きることを謳歌できたのは、個人の自由を尊重されていたから。それが変わってしまうのは一大事です。

――政府への反発の声は確かに少なくありません。

塚本:自民党が政府与党となってから、秘密保護法案の成立や「原発ゼロ」の撤回、メディアへの過干渉や安保関連法案で強行採決で成立を目指すなど、強引さが目立つ。いくら政府が戦争をする国にならないと言っても、やっていることは完全に戦争をするための道筋をつくっていると感じました。

――『野火』は昨年のベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出されました。塚本監督は、世界三大映画祭ではベネチアのイメージが強いですよね。

塚本:実はカンヌ、ベルリンは行ったことがないんですよ。ベネチアばかりです。カンヌが呼んでくれないというのはあるんですけど(笑い)。ベルリンはタイミングが合わないんです。ベネチア国際映画祭には、ぼくを育ててくれた、という感謝があります。どちらに出してもいいならベネチアに出しています。これから機会があったら他の映画祭にも行きたいですね。

――国際映画祭には受賞傾向というものがあるんですか。

塚本:ぼくもそこはよくわかりませんが、その時のディレクターによって色は随分でると思いますね。少し前のマルコ・ミューラーさんは日本映画が大好きでした。日本映画がよく選ばれていましたよ。今はそうでもないようです。

――カンヌ国際映画祭のイメージは?

塚本:みなさん忙しそうで華やかで。セールスやらなにやらすごい勢いで歩き回って手厳しさもあって。つまらないとお客さんがどんどん劇場から出て行ってしまう。華やかでドキドキするような場所。行ったことがないから本当の所はどうなんだかわからないんですけど(笑い)。

 それに対してベネチアはもうちょっと牧歌的というか。ぼくの印象ですけどね。アットホームな感じがするんです。よく行くからそうなのかもしれませんが。マーケットは小さいのでまったくカンヌとは違います。

――ベネチア国際映画祭で審査員をされた時はどんな感じだったんですか?

塚本:こんな感じじゃないかと想像したままでした。みなさんいい加減ではなく、ご自分の意見をぎっしりと携えてすごいディスカッションになるんです。審査する場所も夢のような場所でした。ベネチアですから運河に浮かぶ舟に乗る。どこへ連れて行かれるんだろう?と。運河をずーっと行くと最後にプチって途切れるんですね。そこに着くと、広ーい庭園があって天国かと思うようなチョウチョがひらひら飛んでいる。

――イタリア貴族の屋敷というイメージですね。

塚本:そう、そこに一軒だけレストランがあるんです。そこで朝から晩まで1日かけてご飯食べながら審査する。すごくゴージャスなんですね。北野武監督の『HANA-BI』がグランプリに決まったときだったんですが、これから日本では大騒ぎになるぞというときに、その情報を知っているのはぼくだけ。そんなスペシャルな時間を庭園に出てチョウチョを見ながら、下見ると蟻がうじゃうじゃいたのを見ていた記憶があります。

【塚本晋也】
1960年1月1日生まれ。東京都出身。14才で初めて8ミリカメラを手にし、1988年に映画『電柱小僧の冒険』(1987年)でPFFアワードでグランプリを受賞。劇場デビュー作となった『鉄男 TETSUO』(1989年)が、ローマ国際ファンタスティック映画祭でグランプリを獲得。以後、国際映画祭の常連になる。ベネチア国際映画祭と縁が深く、『六月の蛇』(2002年)はコントロコレンテ(のちのオリゾンティ部門)で審査員特別大賞、『KOTOKO』(2011年)はオリゾンティ部門で最高賞を受賞。俳優としても活躍し、マーティン・スコセッシ監督の『SILENCE(原題)』(来年全米公開予定)に出演。

◇『野火』 塚本晋也監督が大岡昇平の戦争文学の代表作を、着想から20年以上かかって映画化。フィリピンのレイテ島を舞台に、日本軍から見放された兵士が原野をさまよう。死の直前における人間の極限を描く。7月25日から東京・ユーロスペース、立川シネマシティほか全国順次公開。

 撮影■浅野剛


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
誰もが避けられぬ「老い」について日本映画を通して考えた本
たけし 『アウトレイジ』選考で押尾落としたスタッフホメる
ビートたけしが映画と漫才の違いやアートについて語った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。